そーせいグループ ノバルティス

2019年Q2 アドエア?テリルジ―?ぜん息&COPD薬の売上は

こんにちは。shiroshiroです。

アラガンからの第2四半期決算は今のところ特に何もなく、各大手製薬企業の決算も出そろったところで、第2四半期のぜん息・COPD薬の売上を確認していきたいと思います。

この記事を作ってみて思いましたが、これを読むと誰でも簡単に、呼吸器疾患薬の動向を把握できますね。これをもとに各自、思い思いに持論を展開して頂ければと思います。

対象は以下の4企業です。

・GSK(グラクソ・スミス・クライン)
・AZ(アストラゼネカ)
・Merck(メルク)
・Novartis(ノバルティス)

今回ベーリンガー・インゲルハイムは外しました。各社、四半期別にその動向を見ていきたいと思います。

見出し
・GSK&AZ~アドエアの行方は
・Merck&Novartis~デュレラ消滅
・アドエアジェネリックは?

 

GSK&AZ~アドエアの行方は

各4社の年間実績については、依然QVM149を調査する中で確認を行いましたので、そこから見て頂ければと思います。

そーせいQVM149 販売編2~AZ、Merck、BI、Nova

こんばんは。shiroshiroです。 販売編2です。販売編1では、シーブリ・ウルティブロと、GSKの売り上げについてお話ししました。 今回はアストラゼネカ(以下AZ)、メルク、ベーリンガーインゲルハ ...

続きを見る

それでは、グラクソ・スミス・クラインから始めましょう。

※単位 百万€ 2017Q1 2017Q2 2017Q3 2017Q4 2018Q1 2018Q2 2018Q3 2018Q4 2019Q1 2019Q2 2019Q3 2019Q4
Seretide/Advair 752 848 743 787 566 590 619 647 486 412
Relvar/Breo Ellipta 204 281 225 296 219 279 258 333 215 238
Anoro Ellipta 62 85 86 109 97 120 115 144 102 128
Nucala/Mepolizumab 59 73 91 121 104 141 145 173 152 195
Trelegy Ellipta 2 11 26 42 77 87 120

・セレタイド/アドエア…ICS・LABA合剤 1日2回
・レルベア/ブレオ エリプタ…ICS・LABA合剤 1日1回
・アノーロ エリプタ…LAMA・LABA合剤 1日1回
・ヌーカラ/メポリズマブ…ヒト抗IL-5(インターロイキン5)モノクローナル抗体 重症喘息用
・テリルジー エリプタ…ICS・LABA・LAMA 3合剤 1日1回

グラフですとわかりやすいですが、アドエア(Advair)の減少が続いています。

その穴を埋めようする候補で有望なのはテリルジ―(Trelegy)でしょうか。2年前に販売開始して以来、順調に伸び続けています。

ヌーカラ(Nucala)も順調に伸びています。ヒトモノクローナル抗体で高いはずなのですが、かなり堅調ですね。

 

次にアストラゼネカです。

※単位 百万$ 2017Q1 2017Q2 2017Q3 2017Q4 2018Q1 2018Q2 2018Q3 2018Q4 2019Q1 2019Q2 2019Q3 2019Q4
Symbicort 677 703 668 752 634 672 619 636 585 585
Tudorza/Eklira 37 34 37 42 34 39 18 19 20 13
Duaklir Genuair 19 16 21 23 28 22 23 22 20 17
Fasenra 21 65 86 125 129 167
Bevespi 3 4 8 5 8 10 10 10 10

・シムビコート…ICS・LABA合剤 1日2回
・エクリラ/Tudorza…LAMA単剤 1日2回
・Duaklirジェヌエア…LAMA/LABA合剤 1日2吸入を2回
・ファセンラ/ベンラリズマブ…ヒト抗IL-5(インターロイキン5)モノクローナル抗体 重症喘息用
・ビベスピ エアロスフィア…LAMA/LABA合剤 1日2吸入を2回
(・ビレーズトリ エアロスフィア…ICS/LAMA/LABA3合剤 1日2吸入を2回)

シムビコート(Symbicort)もじわりじわりと下がっています。が、売上でアドエアを逆転しましたね。一括りにして下がるものと考えるべきではないということでしょうか。

あと、残りの4剤が下でつぶれてしまっているのですが、ファセンラ(Fasenra)すごいですね。GSKのヌーカラと比べてもどんどん伸びています。この分野、実は有望?

ただ、ビペスピ(Bevespi)が非常に微妙です。ここからの上昇はあるのでしょうか。ビレーズトリがいるので、そちらが優先されそうな気がします。

 

Merck&Novartis~デュレラ消滅

3番目にメルクです。以前の記事でも、凋落のメルクと書いてしまいましたがどうでしょうか。

※単位 百万$ 2017Q1 2017Q2 2017Q3 2017Q4 2018Q1 2018Q2 2018Q3 2018Q4 2019Q1 2019Q2 2019Q3 2019Q4
Singulair 186 203 161 182 175 185 161 187 191 160
Dulera 82 69 59 77 57 42 50 65

・シングレア…ロイコトリエン受容体拮抗薬
・デュレラ…ICS/LABA合剤

シングレア(Singulair)は相変わらず低調です。そして、デュレラ(Dulera)が、メルクのファイナンシャルレポートから消えました。

これはおそらく存在はするけれども、個別に売上金額を出すまでもないということなのでしょう。情報としては追跡不能となりました。

そうすると、じきにシングレアも無くなるのでしょうね…

 

最後にノバルティスです。

※単位 百万$ 2017Q1 2017Q2 2017Q3 2017Q4 2018Q1 2018Q2 2018Q3 2018Q4 2019Q1 2019Q2 2019Q3 2019Q4
Xolair 202 226 245 247 255 264 255 268 281 290
Onbrez 28 28 27 29 27 27 24 23 22 20
Seebri 36 36 37 42 38 39 34 34 31 34
Ultibro 91 99 101 120 106 116 110 122 104 112

・ゾレア/オマリズマブ…ヒト抗IgEモノクローナル抗体 喘息
・オンブレス…LABA単剤 COPD
・シーブリ…LAMA単剤 1日1回 COPD
・ウルティブロ…LAMA/LABA 1日1回 COPD
(・QVM149…ICS/LAMA/LABA 3合剤 喘息(欧州申請中))

ゾレア(Xolair)がまだ伸びています。

10年前からある薬なのですが、ヌーカラ / ファセンラの影響でしょうか。去年初めてブロックバスター達成という。息の長さを見せています。

なお、ウルティブロ(Ultibro)は今四半期112百万ドルでした。そろそろこの辺りがピークでしょうか。QVM149にバトンを渡す時が迫っているようです。

 

アドエアジェネリックは?

こうして、各社の売り上げ動向をまとめますと、

①既存薬 アドエア・シムビコート・シングレアの売り上げ減
②重度ぜん息患者向け ヌーカラ・ファセンラ・ゾレアが伸長
③LAMAやLABA関連のCOPD薬は横ばい続き

という構図がどんどん進んでいるように見えます。

この時、もう一つ注目する項目があるのですが、アドエアのジェネリック品がどうなのか?という点です。

 

ただ、このあたりの情報があまりうまく調べられませんでした。

本来であれば、Teva社のAirDuo RespiClickと、Mylan社のWixela Inhubの数字が見たいところなのですが、あまり公には出てきていないようです。

このあたりは毎四半期ごとに動向をウォッチしてみることにしてみましょう。

本日は以上です。ありがとうございました。

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-そーせいグループ, ノバルティス

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.