そーせいグループ 業績

【どうなる?】そーせいグループ2019年Q2決算予想【決算直前】

こんにちは。shiroshiroです。

本日が8月12日(月)ですが、山の日の振替休日で東京市場はお休みです。

そして、翌8月13日(火)がそーせいの第2四半期決算となります。明日いきなり発表になるわけですが、内容はどうなるでしょうか?

事前に準備をしていきたいと思います。

見出し
・2019年Q2業績の振り返り
・未知数な業績
・まとめ。他は?

 

2019年Q2業績の振り返り

まずは、Q2(2019年4月~6月)の間でどのような発表があったか確認してみましょう。

いつものテーブルから確認していますが、Q2時の受領マイルは、

2019.5.14 Pfizer社 開発候補物質創出マイル:3百万米ドル
2019.5.24 Novartis社 QVM149欧州申請:2.5百万米ドル
2019.6.10 Pfizer社 2件目の候補物質創出マイル:3百万米ドル
合計…8.5百万米ドル

2019 決算内容 IR マイル
Q1 売上:31.3億円
費用:20.7億円
営利:10.6億円
(ロイ:5.7億円)
(販売:0.6億円)
2019.1.7 AZ社 AZD4635Ⅱ相入りマイル 15百万米ドル
Q2 2019.5.14 Pfizer社 開発候補物質創出マイル
2019.5.24 Novartis社 QVM149欧州申請
2019.6.10 Pfizer社 2件目の候補物質創出マイル
3百万米ドル
2.5百万米ドル
3百万米ドル
Q3 2019.7.16 ジェネンテック社 共同研究提携 一時金
2019.7.18 Formosa社 アクティバスAPP13007 IND承認
2019.8.5 武田薬品 新規戦略提携
26百万米ドル
2.5百万米ドル
26百万米ドル
Q4 - -
そーせい、武田薬品工業とも新規提携発表。2ヶ月連続の大型一時金

こんにちは。shiroshiroです。 まさかまさかの発表となりました。 そーせいグループがジェネンテックに続き、武田薬品工業との新規戦略提携をリリースです。 2019.08.05 適時開示 武田薬品 ...

続きを見る

という具合でQ2のマイルは8.5百万ドルです。Q1の15百万ドルに対し△6.5百万ドルになります。

ドル円の上下動が激しいのですが、仮に1ドル=106円換算でQ2分は9.0億円ほどとなります。

 

シーブリとウルティブロのロイヤリティも考えましょう。

合算でQ2のロイヤリティは146百万ドルとなり、Q1の135百万ドルに対し8%の増加となります。

※単位 百万$ 2017Q1 2017Q2 2017Q3 2017Q4 2018Q1 2018Q2 2018Q3 2018Q4 2019Q1 2019Q2 2019Q3 2019Q4
Seebri 36 36 37 42 38 39 34 34 31 34
Ultibro 91 99 101 120 106 116 110 122 104 112
合計 127 135 138 162 144 155 144 156 135 146
2019年Q2 アドエア?テリルジ―?ぜん息&COPD薬の売上は

こんにちは。shiroshiroです。 アラガンからの第2四半期決算は今のところ特に何もなく、各大手製薬企業の決算も出そろったところで、第2四半期のぜん息・COPD薬の売上を確認していきたいと思います ...

続きを見る

Q1ロイヤリティが5.7億円ですが、ドル円の関係性が悪くなっていることも考慮しなければいけません。

仮にQ1:110円/ドル、Q2:106円/ドルで見積もると、Q2は5.9億円前後でしょうか。

そうしますと、比較的計算できるマイルとロイヤリティは、

9.0億円(マイル)+5.9億円(ロイ)=14.9億円

となります。

 

未知数な業績

上記の14.9億円に対して費用が20億円ほどかかった場合、5億円強ほどの赤字になってしまいます。

ですが、実際にはもう少し異なります。目立たい収益が存在するのです。

それを見るために、そーせいHPから第1四半期の有価証券報告書を一部引っ張ります

2019年12月期 第1四半期報告書 ダウンロード(575KB)PDF

有報の25ページ目に第1四半期売上の一覧表があります。

アストラゼネカからの15百万ドル(1,620百万円:ドル円108円換算)と、ロイヤリティ全額仮に外した時に、どうなりますでしょうか。

このようになります。理由は不明ですが、マイル・ロイ以外に収入として形になっているものがあるのです。

 

①「ライセンス」の"452"は、少額マイルストンが発生しているから?

②マイルストン内の「開発サービス及び研究開発受託」の"185"は何?アラガン系?

③その他内の「同上」の"238”は何?開発受注もの?

④「製品供給収入」の"65"とは?

 

よくわからないものばかりです。Q2の数字にどう影響するかもわかりません。

Q1と同じように発生しそうなものは、②~④まででしょう。

Q2業績予想として①1億円(適当)、②~④をQ1の8割がけ(適当)すると、

(①マイル)100+{(②受託A)185+(③受託B)238+(④製品収入)65}*0.8 = 490(百万円)

となりました。①~④は答えあわせ編で再確認していきましょう。

 

いちおう地域別の数字も出ています。断定ができない為、各自ご想像頂ければと思います。

 

まとめ。他は?

以上をまとめた時、


(1)ほぼ確定分:14.9億円((マイル)9.0億円+(ロイ)5.9億円)
(2)未知分  :4.9億円((少額マイル)1.0億円+(他)3.9億円) ※あくまで予想です
(3)費用   :22億円以上?

というような構図を筆者は考えています。費用はSSTR1相治験開始が冬にありましたので、1億円ほど増やしました。

Q2単体で考えた時、2億円ほど四半期赤字?くらいでしょうか。誤差でいくらでも乱れます。

ただ、Q3に巨額マイル(約60億円弱)が入ってきますので、Q2の数字など微々たるものということは皆様もお判りでしょう。

発表後上がるか、下がるかするかもしれませんが、短期の値動きは意図的に無視した方が、動揺しない分ましな動きが取れるはずです。

 

つまり、Q3の数字が3か月後には入ってくるので、業績についていまさらバタバタ動いても意味がない。

 

というのが筆者の心境です。

では、「業績ではなく何か別の重要IRが出るか?」についてですが、、、これは予想のしようがないです。

導出関係は考えることをやめています。出た時に考えましょう。

M1再開関係も…不明です。いろいろ見てみました。Clinical Trialsで計画に変更は入ったか、RCポータルで変化はあったかどうかとか。

結論は収穫なしです。Clinical Trialsでは、Suspend(延期)のまま日程を少しずつ、後ろに倒す状態が続いている格好です。

 

どうなるでしょうか。全く何も出ない可能性も含めて、あと20時間弱で分かることになります。

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-そーせいグループ, 業績

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.