空売り&株価の部屋

空売り特集①~バイオ株をいちばん空売りしている所はどこ?

こんにちは。shiroshiroです。

ここ最近は、そーせいも目立ったリリースがあるわけでもなく、久々の記事更新となりました。

 

何をしていたかと言えば、3連休を利用して、「バイオベンチャー株の空売り状況をすべて集計していた。」ということで、

「せっかくの3連休に何してんの?」と言われてしまいそうです。

まとめるのが大変だったのですが、ここでその成果をお披露目したいと思います。

 

トヨタや、ファーストリテイリング(ユニクロ)などの大企業では、その規模の大きさからか顔を出してこない空売り機関。

しかしバイオベンチャー系においては、頻繁に顔を出してきます。

この企画はシリーズもので出す予定ですので、(にっくき?)空売り機関の生態を確認してみましょう。

 

注意~企業選定について

本編に入る前に、企業の選定についてお話しさせてください。

選定すると言いましても、そもそも何を持ってバイオ”ベンチャー”なのかあいまいです。

ひとまず今回は、「バイオベンチャー企業 空売り&株価の部屋」にある36銘柄を対象にしました。

バイオベンチャー企業 空売り&株価の部屋

バイオベンチャー企業の空売り動向を確認するページです。 空売り関係情報と、日頃の値動き情報をリンクさせて、空売りと株価の動向イメージを作ります。 ・短期分:70稼働日(3か月程度)のデータ ・長期分: ...

続きを見る

基本的なルールとしては、「パイプライン表が掲載されている企業」を対象としています。

また大企業(武田薬品など)や、IPO企業(ステムリム)は対象外にしています。

結果、各企業のカテゴリーは、

東証一部:4企業(ペプチドリーム、新日本科学、タカラバイオ、JCRファーマ)
東証二部:1企業(ファーマフーズ)
ジャスダック:12企業
東証マザーズ:19企業

となりました。

 

バイオ株をいちばん空売りしている所はどこ?

本日初回のテーマはズバリ、

「バイオベンチャーをいちばん空売りしている機関投資家はどこか?」

です。

 

機関投資家と言っても、ヘッジファンドが委託する形で空売りしているパターンもあるので、一概にその機関が直接売っているとは言えません。

ただ、委託手数料を取っていることも考えられますので、ひとまずこの形式リストアップします。

集計ルールですが、これまでの手法を基本引っ張っています。

・集計基準日:2019年10月11日(金)時点
・株価:同日終値を使用
・空売り比率0.5%を切ったら最後の数字のまま継続(※)
・建玉(=空売り残高×終値)の一番多い機関が勝ち

※注意点として、0.5%未満は報告対象外となるため、残骸として残るパターンがあります。
それにより数字が実際よりも多くなる傾向にあるので、その点はご留意ください。

 

なお、36銘柄を集計する中で、登場してきた機関は32機関いらっしゃいました。

ルドマンサックス、シティグループ、JPモルガン、モルガン・スタンレー、クレディ・スイス……

並み居る企業を押さえ、栄えあるバイオ空売りNo.1機関に輝いたのは!?

 

 

 

1位:モルガン・スタンレーMUFG 131億603万円

見事1位に輝いたのは、モルガンスタンレーMUFG証券でした!(おめでたくない)

空売りTOP5銘柄ですが、圧倒的にペプチドリームです。
4587 ペプチドリーム 62.1憶円
4565 そーせいグループ 12.7億円
4974 タカラバイオ 12.6億円
4592 サンバイオ 9.2億円
4588 オンコリスバイオファーマ 6.9億円

ペプチドリームを売っている企業は、他にもあるのですが、そーせいタカラバイオに始まり、アンジェス、ラクオリアと手広く喧嘩を売っております。

大企業にも、小型企業にも幅広く噛みつく狂犬っぷりを見せつけての圧勝でした。

ちなみに、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社」と「モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社」は別々の会社になっていますので、混同しないように気を付けましょう。

 

2位・3位、そして空売り総額は!?

続いて、2位・3位も発表していきますが……

 

2位:JPモルガン証券 115億8030万円

2位はJPモルガン証券で、Morganによるワンツーフィニッシュとなりました。(グループ的には別ですが)

こちらのTOP5ですが、
2160 ジーエヌアイグループ 34.6億円
4592 サンバイオ 21.2億円
4565 そーせいグループ 13.5億円
4563 アンジェス 12.8億円
4579 ラクオリア創薬 9.1億円

意外や意外、ペプチドリーム無しでこの数字です。そしてトップのジーエヌアイについては、無茶苦茶かつがれてます。

このまま元気に踏みあげ続けられて欲しいです。

 

3位:Citigroup Global Markets ltd 89億6279万円

激戦の3位争いに食い込んだのは、シティグループでした。

この80億円台には、ゴールドマンサックスNomura Internationalもいたのですが、競り勝ったのはシティです。

TOP5は、
4587 ペプチドリーム 63.0億円
4563 アンジェス 11.0億円
4588 オンコリスバイオファーマ 5.3億円
4579 ラクオリア創薬 3.7億円
4582 シンバイオ製薬 2.2億円

そーせいグループには関与していないので、上位に入っているイメージは無かったのですが、やはりここでもペプチドリーム分が大きかったです。

なお4位、5位ですが、

4位 GOLDMAN SACHS 87億5222万円
ペプチドリーム 36.7憶円
アンジェス 13.4億円
サンバイオ 8.0億円
そーせいグループ 7.1億円
ヘリオス 5.1億円

5位 Nomura International 85億1110万円
ペプチドリーム 49.8億円
サンバイオ 9.7億円
アンジェス 8.0億円
そーせいグループ 7.0億円
ジーエヌアイグループ 3.1億円

という具合になりました。ペプチドリームによって勝負が決まると思わないわけでもない。

以下は

6位 Integrated Core Strategies 50億7377万円
7位 AQR Capital Management 46億7755万円
8位 Credit Suisse Securities 39億6266万円
9位 UBS AG 32億2611万円
10位 Deutsche Bank London 17億5602万円
11位 Credit Suisse (Japan) 17億2457万円
12位 Barclays Capital Securities 14億7248万円
13位 Merrill Lynch international 9億6179万円
14位 三菱UFJモルガンスタンレー 9億2660万円
15位 JANE STREET GLOBAL 6億2519万円
16位 PDT Partners 5億3969万円
17位 OXAM 2億7615万円
18位 Bogle(Offshore II) 1億9743万円
19位 Arrowstreet EAFE Fund I 1億6600万円
20位 野村證券 1億5123万円
21位 三井住友ロングショートV 9546万円
22位 三井住友アセットマネジメント 7484万円
23位 Jin Investment 6219万円
24位 SPARX Medium L&S 6177万円
25位 E4-B Investments 1444万円
26位 個人 1395万円
27位 Societe Generale 1358万円
28位 Compass HTV(Alithion) 1190万円
29位 Barclays Securities Japan 722万円
30位 Numeric Investors(Alt Beta) 0万円
31位 SMBC日興証券 0万円
32位 みずほ証券 0万円

(26位にいる個人の方は、テラを売っている方です。30~32位は最終的に全処分していた為、0円となりました。)

 

ということで、以上が、全32機関によるランキングとなりました。

そしてもう一つ注目の「バイオベンチャー株空売り総額」ですが…

 

770億509万円

 

という結果となりました。

全36企業の時価総額合計が2兆667億円ですので、全体における空売り額の割合は3.7%に相当します。

思ったよりも低いのかもしれません。

 

この数字がどのようにできているのか、そして、結局儲かっているのか。

その辺りはまた次回以降、解説していこうと思います。

また次回をお楽しみに。ありがとうございました。

おわり

 

(※ 本記事内で使われている終値、空売り残高は公式数値となりますが、0.5%以下の報告不要分が含まれており、本記事で最終的に出た数値は計算上出来上がった参考数値であることをご了承ください。)

※10/17追記 集計からリプロセルが抜けていた為、金額を修正しました。幸い微小な額の為、順位の変動はありません。

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-空売り&株価の部屋

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.