資産を築くための「バイオ株」と「バブル相場」のあれこれを勝手につぶやく投資サイト

Shiroshiroの投資ノート

空売り&株価の部屋

空売り特集②~信用売買まみれのバイオとそうでないバイオ

こんにちは。shiroshiroです。

空売り特集の続きです。前回の記事では、最も空売りしている機関を並べていましたが、今回のテーマは、

「バイオ株の中で信用取引の多い企業、少ない企業はどこか」

を横並びで比較していきたいと思います。

 

前回の結びの文章で、バイオ企業36社を合算した空売り比率は3.7%とお話ししました。

(前回記事をまだ見ていない方は、下リンクからご確認ください。)

空売り特集①~バイオ株をいちばん空売りしている所はどこ?

こんにちは。shiroshiroです。 ここ最近は、そーせいも目立ったリリースがあるわけでもなく、久々の記事更新となりました。   何をしていたかと言えば、3連休を利用して、「バイオベンチャ ...

続きを見る

今回は、その内訳からスタートしていきます。

 

最も空売りをされているバイオは?

それでは、さっそく全36企業の空売り比率を見ていきましょう。

順位 空売り比率 時価総額
(億円)
銘柄コード 銘柄 主市場
1位 11.9% 277 4588 オンコリスバイオファーマ 東証マザーズ
2位 11.0% 55 4575 キャンバス 東証マザーズ
3位 10.3% 263 4579 ラクオリア創薬 ジャスダック
4位 10.1% 671 4563 アンジェス 東証マザーズ
5位 10.0% 146 4582 シンバイオ製薬 ジャスダック
6位 8.6% 51 4586 メドレックス 東証マザーズ
7位 8.3% 168 4571 ナノキャリア 東証マザーズ
8位 7.6% 125 4594 ブライトパスバイオ 東証マザーズ
9位 6.3% 207 4572 カルナバイオサイエンス ジャスダック
10位 6.0% 55 7776 セルシード ジャスダック
11位 5.7% 757 2160 ジーエヌアイグループ ジャスダック
12位 5.6% 125 4596 窪田製薬ホールディングス 東証マザーズ
13位 5.3% 1655 4565 そーせいグループ 東証マザーズ
14位 4.9% 179 7777 スリー・ディー・マトリックス ジャスダック
15位 4.7% 157 4597 ソレイジア・ファーマ 東証マザーズ
16位 4.6% 6171 4587 ペプチドリーム 東証一部
17位 3.8% 256 2395 新日本科学 東証一部
18位 3.7% 63 4583 カイオム・バイオサイエンス 東証マザーズ
34 2191 テラ ジャスダック
20位 3.3% 99 4591 リボミック 東証マザーズ
21位 3.2% 2076 4592 サンバイオ 東証マザーズ
22位 2.7% 154 4978 リプロセル ジャスダック
23位 2.2% 628 4593 ヘリオス 東証マザーズ
24位 1.9% 146 2929 ファーマフーズ 東証二部
25位 1.4% 83 4576 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 ジャスダック
147 4564 オンコセラピーサイエンス 東証マザーズ
27位 1.3% 206 4584 ジーンテクノサイエンス 東証マザーズ
28位 1.0% 50 4585 UMNファーマ 東証マザーズ
29位 0.9% 73 2370 メディネット 東証マザーズ
30位 0.5% 339 7774 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング ジャスダック
83 4598 DeltaFlyPharma 東証マザーズ
- 4875 メディシノバ ジャスダック
2585 4974 タカラバイオ 東証一部
34位 0.0% 28 6190 フェニックスバイオ 東証マザーズ
64 3386 コスモバイオ ジャスダック
2645 4552 JCRファーマ 東証一部

一位に輝いたのは、全体の11.9%を空売りされているオンコリスバイオファーマでした。

その後、キャンバス、ラクオリア、アンジェス、シンバイオと続きます。

このあたりが空売り10%超えの企業でした。

 

時価総額の視点で見ると、50億円規模から700億円弱まで、サイズはお構いなしのように見えますね。

逆に空売り0%という企業もあります。

フェニックスバイオ、コスモバイオ、JCRファーマ

この3社です。

JCRファーマは時価総額2645億円の大きな企業なのですが、少なくとも2年は履歴に何も乗っておりません。(参考)

ですので、当サイトのページでもきれいなグラフをしています。

素直にうらやましいと思います。

 

最も信用買いの入っているバイオは?

では信用売りではなく、信用買いのほうはどうでしょうか?

同じ要領で見ていましょう。

順位 東証買残 時価総額 銘柄コード 銘柄 主市場
1位 20.9% 277 4588 オンコリスバイオファーマ 東証マザーズ
2位 17.0% 671 4563 アンジェス 東証マザーズ
3位 14.5% 55 4575 キャンバス 東証マザーズ
4位 13.9% 168 4571 ナノキャリア 東証マザーズ
5位 12.7% 51 4586 メドレックス 東証マザーズ
6位 12.4% 207 4572 カルナバイオサイエンス ジャスダック
7位 12.1% 263 4579 ラクオリア創薬 ジャスダック
8位 11.2% 125 4596 窪田製薬ホールディングス 東証マザーズ
9位 11.0% 99 4591 リボミック 東証マザーズ
10位 9.9% 125 4594 ブライトパスバイオ 東証マザーズ
11位 9.8% 2076 4592 サンバイオ 東証マザーズ
1655 4565 そーせいグループ 東証マザーズ
13位 9.1% 757 2160 ジーエヌアイグループ ジャスダック
63 4583 カイオム・バイオサイエンス 東証マザーズ
15位 9.0% 146 4582 シンバイオ製薬 ジャスダック
16位 8.2% 34 2191 テラ ジャスダック
17位 7.5% 55 7776 セルシード ジャスダック
157 4597 ソレイジア・ファーマ 東証マザーズ
19位 6.9% 146 2929 ファーマフーズ 東証二部
20位 6.8% 83 4576 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 ジャスダック
21位 6.7% 147 4564 オンコセラピーサイエンス 東証マザーズ
22位 6.1% 179 7777 スリー・ディー・マトリックス ジャスダック
23位 5.0% 50 4585 UMNファーマ 東証マザーズ
24位 4.5% 154 4978 リプロセル ジャスダック
73 2370 メディネット 東証マザーズ
26位 3.4% 28 6190 フェニックスバイオ 東証マザーズ
64 3386 コスモバイオ ジャスダック
28位 3.1% 83 4598 DeltaFlyPharma 東証マザーズ
29位 2.8% 628 4593 ヘリオス 東証マザーズ
30位 2.5% 339 7774 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング ジャスダック
31位 2.1% - 4875 メディシノバ ジャスダック
32位 2.0% 256 2395 新日本科学 東証一部
206 4584 ジーンテクノサイエンス 東証マザーズ
34位 1.1% 6171 4587 ペプチドリーム 東証一部
35位 0.9% 2585 4974 タカラバイオ 東証一部
36位 0.6% 2645 4552 JCRファーマ 東証一部

オンコリスバイオファーマ、連勝です。

 

信用買いのほうは他を寄せ付けぬ勝利でした。

しかし、オンコリスの信用買い比率20.9%という数値ですが、実は本調子のモノではありません。

むしろ、3か月前はもっと本気を出していまし(オンコリスのページ)

信用買いのベストスコアは、2019年7月12日の26.36%です。

これにはさすがに、計算式がぶっこわれたかと思いました。

しかしながら、総発行済み株式数:1420万株、信用買い残:374万と、間違いなく26%を超えています。

冗談のような数字ですが、無理な信用買いはやめましょう。

 

これに対して、非常に穏やかと言える下位勢は、見事に東証一部、時価総額1000億超の3つ並びました。

ペプチドリーム(時価総額:6171億円)

タカラバイオ(同2585億円)

JCRファーマ(同2645億円)

32位にも新日本科学(東証一部)がいるので、偶然ではないのでしょう。

ギャンブル目線から遠いところにいる雰囲気を感じます。

残る時価総額1000億超の企業(そーせい、サンバイオ)は11位にいますが、仲よくしていないでさっさと順位を下げましょう。

 

まとめ

上位・下位ともに同じ企業が並びましたが、一応ご参考までにすべて並べてみましょう。

順位 合計 銘柄コード 銘柄 主市場 空売り比率 東証買残 時価総額
1位 32.8pt 4588 オンコリスバイオファーマ 東証マザーズ 11.9% 20.9% 277
2位 27.2pt 4563 アンジェス 東証マザーズ 10.2% 17.0% 671
3位 25.6pt 4575 キャンバス 東証マザーズ 11.0% 14.5% 55
4位 22.4pt 4579 ラクオリア創薬 ジャスダック 10.3% 12.1% 263
5位 22.1pt 4571 ナノキャリア 東証マザーズ 8.3% 13.9% 168
6位 21.3pt 4586 メドレックス 東証マザーズ 8.6% 12.7% 51
7位 19.0pt 4582 シンバイオ製薬 ジャスダック 10.0% 9.0% 146
8位 18.7pt 4572 カルナバイオサイエンス ジャスダック 6.3% 12.4% 207
9位 17.5pt 4594 ブライトパスバイオ 東証マザーズ 7.6% 9.9% 125
10位 16.8pt 4596 窪田製薬ホールディングス 東証マザーズ 5.6% 11.2% 125
11位 15.1pt 4565 そーせいグループ 東証マザーズ 5.3% 9.8% 1655
12位 14.8pt 2160 ジーエヌアイグループ ジャスダック 5.7% 9.1% 757
13位 14.4pt 4591 リボミック 東証マザーズ 3.3% 11.0% 99
14位 13.5pt 7776 セルシード ジャスダック 6.0% 7.5% 55
15位 13.0pt 4592 サンバイオ 東証マザーズ 3.2% 9.8% 2076
16位 12.8pt 4583 カイオム・バイオサイエンス 東証マザーズ 3.7% 9.1% 63
17位 12.1pt 4597 ソレイジア・ファーマ 東証マザーズ 4.7% 7.5% 157
18位 11.9pt 2191 テラ ジャスダック 3.7% 8.2% 34
19位 11.0pt 7777 スリー・ディー・マトリックス ジャスダック 4.9% 6.1% 179
20位 8.8pt 2929 ファーマフーズ 東証二部 1.9% 6.9% 146
21位 8.2pt 4576 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 ジャスダック 1.4% 6.8% 83
22位 8.1pt 4564 オンコセラピーサイエンス 東証マザーズ 1.4% 6.7% 147
23位 7.2pt 4978 リプロセル ジャスダック 2.7% 4.5% 154
24位 6.0pt 4585 UMNファーマ 東証マザーズ 1.0% 5.0% 50
25位 5.8pt 2395 新日本科学 東証一部 3.8% 2.0% 256
26位 5.7pt 4587 ペプチドリーム 東証一部 4.6% 1.1% 6171
27位 5.4pt 2370 メディネット 東証マザーズ 0.9% 4.5% 73
28位 5.0pt 4593 ヘリオス 東証マザーズ 2.2% 2.8% 628
29位 3.5pt 4598 DeltaFlyPharma 東証マザーズ 0.5% 3.1% 83
30位 3.4pt 6190 フェニックスバイオ 東証マザーズ 0.0% 3.4% 28
3386 コスモバイオ ジャスダック 0.0% 3.4% 64
32位 3.3pt 4584 ジーンテクノサイエンス 東証マザーズ 1.3% 2.0% 206
33位 3.0pt 7774 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング ジャスダック 0.5% 2.5% 339
34位 2.1pt 4875 メディシノバ ジャスダック 0.5% 2.1% -
35位 1.4pt 4974 タカラバイオ 東証一部 0.5% 0.9% 2585
36位 0.6pt 4552 JCRファーマ 東証一部 0.0% 0.6% 2645

2番手には、アンジェスが逆転で入ってきました。

アンジェスも相当激しい値動きをしているので、グラフの動きも強烈です。(アンジェスのページ)

 

そんな格好で、

首位:オンコリスバイオファーマ
2位:アンジェス

35位:タカラバイオ
36位:JCRファーマ

という結果となりました。

直近の値動きが大きく順位を左右するランキングではありますが、長期投資目線で言えば、推しの銘柄は下位にいてほしいと願うところです。

みなさまの推し銘柄はどこにいましたでしょうか?

次回は、各企業ごとに発生している空売り仮損益をまとめまして、

「どの企業を使って空売りで儲けているのか」

を見てみたいと思います。

ありがとうございました。

 

おわり

 

(※ 本記事内で使われている終値、空売り残高は公式数値となりますが、0.5%以下の報告不要分が含まれており、本記事で最終的に出た数値は計算上出来上がった参考数値であることをご了承ください。)

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-空売り&株価の部屋

Copyright© Shiroshiroの投資ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.