そーせいグループ 業績

そーせいグループ2019年第3四半期決算発表

こんにちは。shiroshiroです。

そーせいグループの第3四半期決算が出ました。

前回の第2四半期からいつの間に3か月がたってしまいました。早いですね。

逆に待ちわびたという方もいらっしゃるかもしれません。

発表された資料の内容を確認してみましょう。

2019.11.12 決算
2019年12月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/tdnet/1769556/00.pdf

2019.11.12 適時開示
2019年12月期第3四半期(1月-9月)ビジネスハイライトおよび連結業績について
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/tdnet/1769555/00.pdf

2019.11.12 有報
2019年12月期 第3四半期報告書
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/yuho_pdf/S100HCVI/00.pdf

2019年Q3業績チェック

第3四半期の決算は以下のようになりました。

そーせいグループ2019年12月期 Q3決算
売上高:7,770百万円、営業利益:1,094百万円、税前利益:1,142百万円、純利益:1,461百万円

この数字を四半期ごとに見ていきましょう。

2019/12 Q1 Q2 Q3 Q4 合算 前期末予想
売上 3,136 1,920 2,714 7,770 予想非開示
営利 1,061 -330 363 1,094
税前 929 -637 850 1,142
純利 1,018 -623 1,066 1,461

という形で、Q3決算は単体黒字。純利も10億円増と累計で利益を積み増しする形になりました。

バイオベンチャーですが、黒字を積んでいける企業になってきましたね。

 

収益構造に何か変化は?

前回同様に現在のそーせいの収益構造についてもチェックしていきましょう。

2019.11.13 有報
2019年12月期 第3四半期報告書

今回の内容を四半期単体で計算してみますと、以下のようになります。
(合わせてQ2単体、Q1単体も添付)

ということで、そーせいQ3の収益構造はこちらのようになりました。

そーせい Q3収益構造
マイル:18.7億円
(Q2:9.16億円 / Q1:20.7億円)
ロイヤリティ:5.17億円
(Q2:6.25億円 / Q1:5.76億円)
研究開発受託:2.53億円
(Q2:3.29億円 / Q1:4.23億円)
製品供給収入:0.65億円
(Q2:0.70億円 / Q1:0.65億円)
費用:23.5億円
(Q2:22.5億円 / Q1:20.7億円)

ウルティブロ・シーブリの売上が止まってきていることで、ロイヤリティは少し下向きになってきています。

 

ちなみに地域別の収益はこちら。Q2も合わせて乗せておきます。

日本の収益が少なくて、不思議に思われるかもしれませんが、武田との提携は、武田薬品工業との提携ではなく、100%子会社であるMillennium Pharmaceuticals, Inc.を相手にしているようです。

そうすると、相手先は日本ではなくアメリカであると思われます。

これで期末の展開はどうなる!?

業績のハイライトについてはいつものテーブルで整理したいと思います。

2019 決算内容 IR マイル
Q1 売上:31.3億円
費用:20.7億円
営利:10.6億円
(ロイ:5.7億円)
(受託:4.2億円)
(販売:0.6億円)
2019.1.7 AZ社 AZD4635Ⅱ相入りマイル 15百万米ドル
Q2 売上:19.2億円
費用:22.5億円
営利:△3.3億円
(ロイ:6.2億円)
(受託:3.0億円)
(販売:0.7億円)
2019.5.14 Pfizer社 開発候補物質創出マイル
2019.5.24 Novartis社 QVM149欧州申請
2019.6.10 Pfizer社 2件目の候補物質創出マイル
3百万米ドル
2.5百万米ドル
3百万米ドル
Q3 売上:27.1億円
費用:23.5億円
営利:3.6億円
(ロイ:5.1億円)
(受託:2.5億円)
(販売:0.6億円)
2019.7.16 ジェネンテック社 共同研究提携 一時金
2019.7.18 Formosa社 アクティバスAPP13007 IND承認
2019.8.5 武田薬品 新規戦略提携
26百万米ドル(※)
2.5百万米ドル
26百万米ドル(※)
Q4 2019.10.9 ジェネンテック社 疾患標的特定マイル 3百万米ドル

さて、ここで一つこれまでのこのテーブルに認識を変えなければならない点が出来ました。

ジェネンテックと武田薬品による26百万ドル×2の扱い方についてですね。

 

10/9のジェネンテック社のマイル3百万米ドルのリリースの時、すでに十分に怪しさを感じておりましたが…

2社の提携の時に話をしていたこれらの金額は、予想通り全額ではなく、一部しか入っていないということです。

 

Q3単体のマイル収入が1,876百万円ですので、Formosa社アクティバスのマイル約270百万円を除いた金額、約1,600百万円分が現時点では入っているということでしょうか

(※達成していない現時点で、受け取っている現金が849百万円、349百万円ある様子。↑の有報の切り抜き参照)

(※ちなみに地味に重要な点として、事業活動に十分な資金が、”2020年まで”から”2021年まで”に変わっている。)

 

ただ10/9時点で、よく訓練されたそーせいホルダーはもう十分その可能性を考えていたので、あまり驚きはないですね。

しかしながら、ビジネスハイライトの文章では、

契約一時金および今後 2~3 年にわたる開発初期段階の進捗に応じた支払いの形で、2 社合計で最大 52 百万米ドルを受領する権利を有しており、さらに、将来的に多額のマイルストンやロイヤルティを受領する可能性

とあるので、Q2決算時に書いていた通期売上予想は修正しないといけません。

加えて、ぼやっとした書き方になったので、予想は大分難しくなりました。

(なんでこんな誤解を招く書き方を7,8月の時にしたんですかね…)

 

ひとまずこれで、これ以降のポイントは以下のようになりました。

・M1試験の行方
・QVM149最後の治験、ARGONの行方
・更なるIR&カーギルCFOの話していたマイルストーン

【M1】

・M1試験の行方は、2019年末発表予定のまま変わらずです。

【QVM149】

・ARGON試験の行方は重要ですが、そーせいから公式に「QVM149が日本でも承認申請された」と発表されました。
(ビジネスハイライトの2ページ目にひっそりと)

日本でも申請をしてきたということは、ほぼ治験の結果は問題なかったということでしょうか。

ARGON試験の公式発表は見る必要がありますが、少し安心できそうに思えます。

【マイルストーン】

・Q2の説明動画で、カーギルCFOの話していたマイルとは、結局何なのでしょうか。

(動画)http://www.c-hotline.net/Viewer/Default/SOSE0cf865f14ab22d8d06efb75b9cc3fc8a

動画の14:00前後

「事業開発部門は、昨年末に発表した目標を上期ですべて達成。しかし、さらに目標を高く掲げて、追加の新規提携に日々挑戦しております」

質疑応答の2番目の質問(27:30~)。

Q.「今年度、まだ重要なマイルストンが発生すると予想していらっしゃいますか?」

A.「(クリス・カーギル)お答えはYESです。たしかに更なるマイルストンを既存提携先から受け取ることを予想しています。

ただし、マイルストンという性質を考えますと、実際のタイミングについていつになるかをお伝えすることはできません。」

 

まさかジェネンテックの3億円がそれであるとは思いたくないところです。

ホルダーが喜ぶような内容でありますように。

 

さて、それではこの文章の最後に余興を用意いたしました。

問 これから出てくる文章の内、お金を受け取っていないものを回答してください。

*************

①当社グループは AstraZeneca 社より 15 百万米ドルのマイルストンを受領することになります。

②これにより Pfizer 社よりマイルストンを受領しており、これには本日発表した 3 百万米ドルが含まれます。

③この成果により、当社グループは新たに 3 百万米ドル(約 326 百万円 1)のマイルストンを受領することになります。

④本提携により、当社グループは、契約一時金と初期マイルストン合計で 26 百万米ドル(約 2,822 百万円1)を受領いたします。

⑤今回の進捗により、当社グループは Formosa 社より 2.5 百万米ドル(約 271 百万円 1)のマイルストンを受領することとなります。

⑥本提携により、当社グループは、契約一時金と初期マイルストン合計で最大 26 百万米ドル(約 2,786百万円1)を受領いたします。

*************

解 ④、⑥は確定。

①は1,2ヶ月の時間差があった模様。

③はすでに受け取っていたものを収益化させた。④も③と同じスキーム?

⑤は完全に不明。

 

これは正解するの無理ですね。プロのアナリストも間違えたのか、はたまた。

メディア側の難しさを思い知らされたような気がします。

本日もありがとうございました。

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-そーせいグループ, 業績

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.