バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2019年11月15日(金)

こんばんは。shiroshiroです。

 

更新が遅くなってしまってすみません。

理由はあとがきでお話ししますが、昨日11/15(金)分のバイオファーマ日記です。

 

ラインナップ

・メドレックス、時価総額45億円から10億円のMSワラント
・11/14(木)決算組の値動き

指数関係

指数関連は以下の通り。

・NYダウ:27,781ドル(-1ドル)
・ドル円:108.42-44円(AM6時前後)
・シカゴ日経平均先物:23,150円
・日経平均:23,303円(+161円)
・マザーズ:853.63pt(+2.07pt)

米国市場は六日ぶりの下落。ただし、1ドル安の為、あまり影響は無し。

ドル円が円高方向に動きました。米中合意に関しては不透明感がくすぶる展開。

その中で日経平均は堅調で、マザーズも4日ぶりの上昇を記録しました。

 

バイオ株IRニュース

前日夕方5時以

特になし。

 

【開始前:取引中】

・オンコセラピーサイエンス
多発性骨髄腫に対するTOPK阻害剤「OTS514」の抗腫瘍効果に関する論文公表のお知らせ
https://www.oncotherapy.co.jp/wp-content/uploads/2019/11/191115_01.pdf

細胞移植マウスに倒してのTOPK阻害剤の投与で抗腫瘍効果。がん関連シグナル経路が抑えられたとのこと。

発表が聞いたかどうかは不明。市場は3%高とという形だが、14時59分にいきなり上がった格好。

 

・ナノキャリア
遺伝子組み換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律に基づく第一種使用等の承認取得のお知らせ
http://pdf.irpocket.com/C4571/FWdS/JRaW/UZMb.pdf

遺伝子治療薬「VB-111」仕様において、カルタヘナ法の承認を取得。

11時30分に発表。株価上は2%ほどあげている形だが、国内開発の前臨床試験において、治験届の提出ができるようになるためのモノなので、直接の影響は低い。

 

取引後】

・テラ
株主による臨時株主総会の招集請求における株式会社理研免疫再生医学に関する事実関係について
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/21910/a75b40e2/36bc/48cc/9c67/f8f0e1836180/140120191113426237.pdf

元社長、矢崎雄一郎氏による臨時株主総会の招集請求内で、理研免疫再生医学が、理研と関係がないという主旨の発現があったが、これを否定する内容。

 

・メドレックス
第三者割当による第15回新株予約権(行使価額修正条項付)の発行 及び新株予約権の買取契約(コミット・イシュー※)の締結に関するお知らせ
http://pdf.irpocket.com/C4586/FWdS/wJmz/uYTE.pdf

いわゆるMSワラント(行使価額修正条項付き新株予約権)。時価総額45億円(11/15終値時点)の企業が10億円の増資をする格好。

1270万株の株式に対して、315万株の新株予約権を発行する。

下限行使価格は、条件決定喫順株価の50%に相当する金額としているが、いったい何億円調達できるのか不明。

資金調達の補足説明
http://pdf.irpocket.com/C4586/FWdS/wJmz/yg8h.pdf

調達の目的は、MRX-9FLTとMRX-5LBTの開発の為。

開発パイプライン図を更新しました。
http://www.medrx.co.jp/business_iltspipeline.html

 

・オンコリスバイオファーマ
譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分に関するお知らせ
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4588/tdnet/1772169/00.pdf

子会社の使用人1名に対し、譲渡制限期間2.2年をもって、普通株5000株を割り当てることを決議。株主報酬制度

 

・Delta-Fly Pharma
2020年3月期 第2四半期決算説明資料
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4598/tdnet/1772380/00.pdf

収入は無し。イベント予定は以下の通り。正直分かりやすく、他のバイオもやってほしい。

【コメント】

昨日決算だった銘柄の株価を見ていきましょう。

・Delta-FlyPharma 0.18%高
・ジーエヌアイグループ -9.43%安
・ナノキャリア 5.92%高
・DWTI 5.36%高
・ヘリオス 2.2%高
・窪田製薬 -0.3%安
・セルシード 3.7%高
・フェニックスバイオ -12%安

前日の日記を比較して頂きながら見ればよくわかるとは思いますが、売上よりも損失の額のほうが大きい企業ほど株価が上がっています。

ジーエヌアイは営業利益前年比+150%でしたが下落。

ジーエヌアイのこの日の空売り動向が今の段階から大変気になります。

 

ところでそーせいの決算翌日(11/13)付近の空売り機関の動向がオープンになりましたね。

計算日 空売り者 残高割合 増減率 残高数量 増減量 備考
2019/11/14 モルガン・スタンレーMUFG 0.820% +0.080% 631,778株 +57,900
2019/11/13 JPモルガン証券 0.830% +0.230% 643,882株 +177,600
2019/11/13 Nomura International 0.550% 0% 428,800株 再IN(前回2019-07-10)
2019/11/13 モルガン・スタンレーMUFG 0.740% +0.230% 573,878株 +174,900
2019/11/12 JPモルガン証券 0.600% +0.080% 466,282株 +62,617
2019/11/12 モルガン・スタンレーMUFG 0.510% 0% 398,978株 再IN(前回2019-11-11)

決算翌日に一気の売り仕掛け。そーせい、早く貸借銘柄にならないですかね。

昨日、日経新聞から以下のような記事が出ましたが、

創薬、上場しやすく 金融庁・東証が条件緩和
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52209590V11C19A1MM8000/

空売りを連打するところを先になんとかした方がいいと思います。

 

あとがき

さて、ツイッターでは昨日の段階でご紹介してしまいましたが。

かねてよりお話していた、そーせいの同人本

「長期投資で「そーせい」をおすすめする同人誌(初級編)」

LINK

遂に完成しました!

 

このノートは、そーせいHeptaresの良さを初心者の方でも理解いただける内容になっているほか、

そもそも株初心者にとっては何より大切な、取引におけるメンタルの部分についても解説しています。

少なくとも、ここでアピールしておきたいことは、

「株の手数料を払うなら、ここで500円で買ってまず読んでほしい!」

そういう思いでこちらを書いております。

投資の考え方を書いているような内容は、わたしの場合は誰のモノであっても読んでみたいです。

あまり偉そうな話をできる立場ではございませんが、相場を長々とやる中で、思う所が一つや二つやそれ以上にありますので、特にそーせいに興味がある方、株初心者の方、そういった方々にはよんでいただきたいと思います。

 

なお、今の価格はフォロワーさん特別価格で設定しておりますので、次回作が出るときには、この初級編は値上げをする予定です。

ですので、ぜひお早めに読んでみてください。

 

それでは、ありがとうございました。

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.