資産を築くための「バイオ株」と「バブル相場」のあれこれを勝手につぶやく投資サイト

Shiroshiroの投資ノート

バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2019年11月18日(月)

こんばんは。shiroshiroです。

 

決算ラッシュはいつの間にか抜けていたんですね。

金曜日はかなりびくびくしていたのですが、決算が一件もなく、半信半疑でしたので言及もできず。

そうはいってもニュースがゼロ件というわけでもございませんでした。

 

ラインナップ

・そーせい、田村会長兼社長が東洋経済のインタビューに応じる
・メディネット、九州大学と共同研究締結
・ブライトパス、日経新聞に記事掲載

指数関係

指数関連は以下の通り。

・NYダウ:28,004ドル(+222ドル)
・ドル円:108.79-80円(AM6時前後)
・シカゴ日経平均先物:23,365円
・日経平均:23,416円(+113円)
・マザーズ:868.97pt(+15.34pt)

NYダウはどこまで上がり続けるのか。初の28000ドルを超えました。

モーニングサテライト基準では、米中貿易協議が順調な進展を見せている事。

国民皆保険制度改革が思ったよりも穏健であることから、医療保険株が上昇したことが要因とされています。

 

バイオ株IRニュース

前日夕方5時以

特になし。

 

【開始前:取引中】

・そーせいグループ
東洋経済11/23号「トップに直撃 そーせいグループ会長兼社長 田村眞一」
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/22125

解説記事は別途用意しましたので、こちらからご覧ください。

そーせいグループ田村会長兼社長、東洋経済のインタビューに登場

こんにちは、shiroshiroです。   本日は、とある理由で経済雑誌を取り上げます。 何か申しますと、 「週刊東洋経済 11/23号〜膨張する公共放送を総点検 NHKの正体〜」 でござい ...

続きを見る

 

・ブライトパスバイオ
日本経済新聞に当社に関する記事が掲載されました
http://irpocket.com/4594/document.html?year=2019&id=20191118-ddadf1e3

記事のタイトルは「「CAR-T」免疫細胞療法、肺・食道など固形がんに応用」。

CAR-T(カーティー)と呼ぶ、免疫細胞を遺伝子導入によって改変、がん細胞の特定のマーカーを認識・攻撃できるようにする技術。

武田など、取り組んでいる企業としてブライトパスが紹介される。株価は1.7%高。

 

取引後】

・メディネット
国立大学法人九州大学と共同研究契約を締結
https://ssl4.eir-parts.net/doc/2370/tdnet/1772511/00.pdf

九州大学と、慢性心不全治療に用いる再生医療等製品の実用化に向けた共同研究契約を締結。

 

【時刻不明】

・【11/18 20:10追記】ジーエヌアイグループ
2019年12月期第3四半期 決算説明会資料
https://ssl4.eir-parts.net/doc/2160/tdnet/1772640/00.pdf

F351 結果発表間近。

・カルナバイオサイエンス
株式会社シェアードリサーチの当社レポートが更新されました。
https://sharedresearch.jp//ja/4572

レポート。86ページと長文の為、省略。

 

・シンバイオ製薬
株主通信「Symbio VISION vol.16」
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS70963/9642c29a/18c9/40c3/8d8f/513db4c0130e/20191118163041029s.pdf

 

・窪田製薬ホールディングス
2019年12月期 第3四半期決算補足資料
https://www.kubotaholdings.co.jp/ir/docs/20193Q_KT_20191115.pdf

主要な開発パイプラインの進捗状況について説明。

 

【コメント】

本日のバイオは非常に好調でした。2銘柄を除きまして。

特に目立ったのは、

・ジーエヌアイ 8.9%高
・アンジェス 7.4%高

ジーエヌアイは決算下げの揺り戻しでしょうか。この銘柄は、そーせいと同様、モルガン兄弟に絡まれていますので意味の分からない値動きをしています。

逆に厳しい値動きなのは、

・フェニックスバイオ -5.5%安
・メドレックス -4.9%安

フェニックスバイオは、下方修正後下げ止まらず。

メドレックスの増資は、額の割に下げませんでした。理由はなんでしょうか?

 

あとがき

本日は日記のほかに、そーせい田村会長兼社長のインタビュー記事を作りました。

もしご興味があれば、ご覧になって頂けると幸いです。

そーせいグループ田村会長兼社長、東洋経済のインタビューに登場

こんにちは、shiroshiroです。   本日は、とある理由で経済雑誌を取り上げます。 何か申しますと、 「週刊東洋経済 11/23号〜膨張する公共放送を総点検 NHKの正体〜」 でござい ...

続きを見る

 

あと、バイオとは直接関係ないのですが、少し問題の案件が出てきました。

SBI証券が個人投資家の注文を先回りして、利益をかすめ取っているという話です。

 

まことしやかにささやかれてはいましたが、ここまで露骨に出たことは有りませんでした。

 

そして皮肉も、筆者の作ったnoteで書いたことが、ばっちりそのまま、これ以上ないタイミングで出てしまったという…

何という神タイミング。

しかも、SBI証券がそのあとに出した適時開示も最低最悪のモノ。

 

「2019年11月18日現在において、TIFの設定時間は0ミリ秒となっております。」

 

いまは、どうでもいいんですよ。

い  ま  は  !

 

この件は、金融庁からおしかりを受けないのでしょうか?

バイオよりもこちらの方が気になる一日でした。

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© Shiroshiroの投資ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.