バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2019年12月13日(金)

こんばんは。shiroshiroです。

本日のラインナップは次のようになりました。

ラインナップ

・サンバイオ、SB623の慢性期脳梗塞について大日本住友製薬との契約解消を発表
・3Dマトリックス、第2四半期決算発表
・UMNファーマ、公開買い付け完了。

指数関係

指数関連は以下の通り。

・NYダウ:28,132ドル(+220ドル)
・ドル円:109.28-30円(AM6時前後)
・シカゴ日経平均先物:23,775円
・日経平均:24,023円(+598円)
・マザーズ:885.27pt(-7.84pt)

NY市場は、トランプ大統領が米中協議の合意は近いとツイートして上昇。

市場終了後、イギリス総選挙の結果は、与党保守党が圧勝。EUを離脱することが確定的となりました。

日経平均は、朝の先物の数値からさらに上がって終了

しかし、マザーズ指数は下落。なぜそうなる。

 

バイオ株IRニュース

前日夕方5時以

特になし。

 

【開始前:取引中】

・ソレイジア
株式給付信託追加拠出(信託財産による当社株式取得)のお知らせ
http://solasia.co.jp/images/YQmXzdvd5YzvDf.pdf

14時30分に発表。

ソレイジア及び子会社の従業員に対して、自社の株を給付するインセンティブプランを決議。

信託財産3000万円をもとに12万株を購入する形。

2019年12月10日公表のプレスリリースについての補足説明資料
http://solasia.co.jp/images/XeCaHgnFEDXXL.pdf

 

取引後】

・ラクオリア創薬
米国拠点(US BRANCH)設立に関するお知らせ
https://www.raqualia.co.jp/topics/20191213_003991.html

米カリフォルニア州サンディエゴに米国拠点を設立。

グループにとって初の海外拠点。

 

・サンバイオ
北米での慢性期脳梗塞を対象とした再生細胞薬「SB623」の共同開発及びライセンス契約の解消について
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/tdnet/1777460/00.pdf

再生細胞薬「SB623」について、大日本住友製薬との間で結ばれていた北米での慢性期脳梗塞を対象にした契約について、大日本住友製薬がその契約を解消。

本剤の第2b相の詳細解析を踏まえ、全社の事業戦略上の優先順位を見直した結果、共同開発を中止するとのこと。

サンバイオグループは、本剤の開発を継続。

 

2020年1月期連結業績予想の修正に関するお知らせ
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/tdnet/1777464/00.pdf

大日本住友製薬との契約解消により、開発協力金分が売上的にマイナスに。研究費用減から営業利益はプラス方向に修正。

 

2020年1月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/tdnet/1777462/00.pdf

8月~10月の期間中は、SB623のRMAT指定SB623の網膜疾患共同研究など。

第2四半期は、売上427、営利△2,385
第1四半期は、売上189、営利△1,248

第3四半期になぜか、売上△3百万円を記録。

外傷性脳損傷の承認申請時期も、2021年1月期に修正

2020年1月期 第3四半期報告書
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/yuho_pdf/S100HKZU/00.pdf

 

・UMNファーマ
塩野義製薬株式会社による当社株券等に対する公開買付けの結果並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ
http://file.swcms.net/file/umnpharma/ja/irnews/auto_20191213436873/pdfFile.pdf

公開買い付けが12月12日をもってすべて終了。

12月19日付でUMNファーマの親会社及びその他の関係会社に異動が生じる見込み。

UMNファーマは従来と変わらず、所定の手続きを経て上場廃止となる予定。

臨時株主総会招集のための基準日設定に関するお知らせ
http://file.swcms.net/file/umnpharma/ja/irnews/auto_20191213436896/pdfFile.pdf

2020年2月14日に開催予定の臨時株主総会に対して、基準日を12月31日と設定。

株式併合を行うこと等の議案を付議する予定。

 

・メドレックス
第三者割当による第15回新株予約権(行使価額修正条項付)の大量行使に関するお知らせ
http://pdf.irpocket.com/C4586/yUG5/vFUG/nOdk.pdf

全体315万に対して、50万分を大量行使。残り265万個

 

・スリー・ディー・マトリックス
2020年4月期 第2四半期決算短信[日本基準](連結)
http://www.3d-matrix.co.jp/dl_file/2019/3DM_2019_12_13_IR_001.pdf

8月~10月の期間中は、「PuraStat」のオーストラリア適応追加承認アルゼンチンでの製品登録承認TDM-621の製造販売承認申請

第1四半期は売上141、営業利益△646。

営業外費用、特別利益及び特別損失の計上に関するお知らせ
http://www.3d-matrix.co.jp/dl_file/2019/3DM_2019_12_13_IR_002.pdf

為替差損により営業外費用1.1億円。

新株予約権戻し入れ益1300万円を特別利益に。(←権利保持者の失権(退職))

固定資産の減損により、特別損失8373万円。

 

時刻不明】

・キャンバス
"CanBas' Canvas"(マネジメントブログ)を更新しました。『臨床試験データ比較検討の現場をお見せします(第3回)』(河邊 拓己)https://www.canbas.co.jp/2019/12/13/20191211-3/

CBP501の第1b相に関するデータ比較の内容について説明あり。

 

コメント

~昨日IR関連~
・アンジェス 1.8%安
(追加出資)
・そーせい 2.1%安
(知識ページ更新)
・DWTI 18%高(ストップ高)
(導出+上方修正)
・メドレックス 1.9%高
(追加試験結果発表)
・オンコリス 1.9%高
(5億円マイル受領)
・セルソース 7.2%安
(決算発表)
・ステムリム 0.9%安
(決算発表)

~上昇~
・ジーエヌアイ 2.4%高
・リボミック 2.3%高
・DELTA-FLY 4.4%高

~下落~
・カルナバイオ 3.8%安
・ラクオリア 2.3%安
・ペプチドリーム 1.3%安
・サンバイオ 1.4%安

・ヘリオス 2.5%安
・ソレイジア 8.7%安
・リプロセル 2.1%安
・ジャパン・ティッシュ 3.6%安

 

日経平均が大きく上昇する日に、マザーズは下落。

ここではペプチドリームも材料なしで売られていることから、バイオ系が売られたように見えます。

加えて言えば、マザーズ指数の主力は基本的に全部売られる展開。

時価総額上位50銘柄のうち、気を吐く銘柄はありませんでした。


※引用先:https://finance.stockweather.co.jp/contents/ranking.aspx?mkt=3&cat=0000&type=12

マザーズ指数を下げるためにアクションを起こしているように見えて仕方ないですが、確証はないので明言はできず。

 

週明けの雰囲気はどうなるでしょうか…

サンバイオ…よくないですよね…

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.