資産を築くための「バイオ株」と「バブル相場」のあれこれを勝手につぶやく投資サイト

Shiroshiroの投資ノート

バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2019年12月16日(月)

こんばんは。shiroshiroです。

本日のラインナップは次のようになりました。

ラインナップ

・サンバイオ、寄らずのストップ安。ほかのマザーズ銘柄を豪快に巻き込む
・サンバイオ、4216円で買えるストックオプション(いま3445円)を発行してしまう
・ジーンテクノ、みずほ銀行より6億円の借入

指数関係

指数関連は以下の通り。

・NYダウ:28,135ドル(+3ドル)
・ドル円:109.36-37円(AM6時前後)
・シカゴ日経平均先物:23,900円
・日経平均:23,952円(-70円)
・マザーズ:873.09pt(-12pt)

金曜日のNY市場は昨日の大材料連打の相場と比べると物静か。

日経平均も含めて、どこもかしこも静かな取引となりました。

バイオを除いて。

 

バイオ株IRニュース

前日夕方5時以

特になし。

 

【開始前:取引中】

・サンバイオ
2019年12月13日付け第3四半期決算短信及び再生細胞薬「SB623」の共同開発及びライセンス契約の解消についての追加説明
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/tdnet/1777933/00.pdf

12時15分発表。

内容に大きなものはなく、大量の売りは減らず。

本日寄らずのストップ安。

 

・ペプチドリーム
米国ヤンセンファーマ社との創薬共同研究開発プログラムに係る マイルストーン達成のお知らせ
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/45870/5d013a02/f3cd/4641/a2c5/012a906493b9/20191215235413120s.pdf

10時30分発表。ヤンセンファーマとの共同研究開発プログラムにおいて、一つ目の基準を達成。

マイルストン(金額非開示)を受領。

株価への影響なし。寄りつきに上昇し、あとは横ばい。0.8%高。

 

・メドレックス
フェアリサーチ企業調査レポート(2019年12月16日)
http://pdf.irpocket.com/C4586/yUG5/Z200/W46f.pdf

影響があったかどうかは不明。ただし株価は上昇。4.7%高。

 

取引後】

・サンバイオ(2回目)
ストック・オプション(新株予約権)の発行内容確定に関するお知らせ
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/tdnet/1778099/00.pdf

従業員6名に対し9500株分、1株あたり4,216円で買う権利を確定。

現在の株価は3,445円。(ストップ安)

「おまえにサンバイオを買う権利をやろう」とでも言わんばかりの内容。

ちょっとネタが古すぎる

2019年12月13日付け第3四半期決算短信及び再生細胞薬「SB623」の共同開発及びライセンス契約の解消についての追加説明(Q&A)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4592/tdnet/1778059/00.pdf

Q&Aでは「安定供給体制の構築」について、特に言及が多い。

慢性期脳梗塞のフェーズ2b臨床試験の詳細結果は、非開示の方針。

 

・ジーンテクノサイエンス
資金の借入に関するお知らせ
https://www.g-gts.com/LinkClick.aspx?fileticket=uRoSnt36fW8%3d&tabid=100&mid=390&TabModule523=0

みずほ銀行から約6億円の5年債を借入成功。

増資に比べれば、額は小規模かもしれないが、そもそも借り入れのできるバイオベンチャーという点でポイントは高い。

資金の借入に関する補足説明資料
https://www.g-gts.com/LinkClick.aspx?fileticket=N6Vb6yNW7V4%3d&tabid=100&mid=390&TabModule523=0

会社のほうでも大手金融機関が、事業計画「GTS3.0」が評価されたことをアピール。

「IRよくある質問」を更新しました
https://www.g-gts.com/topics/?itemid=411&dispmid=521&TabModule523=0

ホームページ上で、クエスチョン20~24までを新たにアップロード。

 

・ソレイジアファーマ
開発品SP-04 第III相臨床試験「POLAR-A試験」被験者組入れ完了のお知らせ
http://solasia.co.jp/images/aKGIlZeu2NcCb.pdf

SP-04の2つの第三相臨床試験のうち、POLAR-A試験において、患者の組み入れが完了。

主要項目解析の完了はおよそ1年後の予定であることを発表。

 

時刻不明】

・JCRファーマ
サイエンティフィック・アドバイザリーボードの創設に関するお知らせ
http://pdf.irpocket.com/C4571/yUG5/bpAa/y5bB.pdf

社外専門家からの専門意見や提言を、事業運営に生かすべく、諮問機関を設立。

メンバーは3名。全員国内の教授または医師。

 

・キャンバス
"CanBas' Canvas"(マネジメントブログ)を更新しました。『臨床試験データ比較検討の現場をお見せします(第4回)』(河邊 拓己)
https://www.canbas.co.jp/2019/12/16/20191211-4/

 

・リボミック
J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス2020での弊社プレゼンテーションのご案内
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4591/tdnet/1777967/00.pdf

2020年1月15日から、JPモルガンカンファレンスで登壇予定。

(日本時間では、1月16日AM7:30-7:55))

 

・セルソース
当社特許取得の「PFC-FD」をひざ治療に用いた秋本選手がアジアマスターズ陸上にて金メダル獲得
https://www.cellsource.co.jp/news/20191216/

株式相場上のコメントは特になし。

 

コメント

~前日IR関連~
・ラクオリア 2.2%安
(米国拠点設立)
・サンバイオ 16.8%安(ストップ安)
(大日本住友契約解消+TBI申請1年延期)
・UMNファーマ 0.1%高
(公開買い付け完了)
・メドレックス 4.7%高
(新株予約権 大量行使)
・3Dマトリックス 2.4%安
(Q2決算)

~上昇~
・ペプチドリーム 0.8%高
・DWTI 11.3%高

~下落~
・ジーエヌアイ 7.6%安
・アンジェス 3.6%安
・そーせい 2.4%安

・カルナバイオ 3.9%安
・ラクオリア 2.2%安

・ナノキャリア 4.7%安
・シンバイオ 2.3%安
・オンコリス 2.1%安
・リボミック 4.0%安
・ヘリオス 2.8%安
・ブライトパス 3.5%安
・DELTA-FLY 3.9%安
・メディシノバ 3.3%安
・リプロセル 2.6%安
・JTE 2.3%安
・セルシード 2.7%安
・ステムリム 2.2%安

 

まさにサンバイオ。

一人ストップ安で張り付け状態になっている中、ほかのマザーズ銘柄も軒並み下げさせていきました。

とくにマザーズの高時価総額銘柄はだいたい、チャートが曲がるほどの悪影響を受けています。

2160GNI

4563アンジェス

4565そーせい

4572カルナバイオ

4579ラクオリア

4593ヘリオス

4594ブライトパス

マザーズの上位の値動きを見れば非常にわかりやすいのですが、

バイオでないものは大体上がっています。

実態はわかりませんが、数字としてはきれいに出てきています。

後はペプチドリームが影響を受けていない(0.8%高)というのも、象徴的でした。

※引用先:https://finance.stockweather.co.jp/contents/ranking.aspx?mkt=3&cat=0000&type=12

 

そして、肝心のサンバイオですが、どれだけIRを出しても今の流れは変わらないのでしょう。

明日寄るか。水曜日寄らないということは……あまり考えたくない部分。

仮にもマザーズで時価総額ナンバー1バイオですからね。

全バイオを巻き添えにするのはさすがに。。。

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© Shiroshiroの投資ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.