そーせいグループ 業績

【答え合わせ】そーせいグループ2019年Q2決算発表

こんにちは。shiroshiroです。

そーせいグループのQ2決算が出てきました。早速、答えあわせといきましょう。

なお、今のところ突発ネタは無しという理解ですM1DLBについて、誤解を生みそうな表現があるのですが、M1DLBは生きている&新規治験を提出予定と認識しています。これは後半に回しましょう。

2019.08.13 決算
2019年12月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/tdnet/1744982/00.pdf

見出し
・2019年Q2業績の最速確認!
・答えあわせはどうなった?
・ここから先は!?

 

2019年Q2業績の最速確認!

まずは、売上と利益を見ていきましょう。第2四半期時点の数字は以下のようになりました。

そーせいグループ2019年12月期 Q2決算
売上高:5,056百万円、営業利益:731百万円、当期利益:395百万円

この数字を四半期ごとに見ていきましょう。

2019/6期 Q1 Q2 Q3 Q4 合算 前期末予想
売上 3,136 1,920 5,056 予想非開示
営利 1,061 -330 731
経利 929 -637 292
純利 1,018 -623 395

という形で、Q2決算は合算で黒字、四半期単体で3億円ほどの営業赤字となりました。ほぼ予想通りですね

経常利益、純利益が少しへこんでいますが、企業結合による条件付き対価に係る費用の戻し入れ"(利益)が出たものの、"為替差損益"が悪化したことによるものとあります。

ここは円が強くなってしまうと、どうしても仕方がない部分です。

 

答えあわせはどうなった?

さて、昨日書きました「未知数な業績」についても、結論はどのようになりましたでしょうか。

【どうなる?】そーせいグループ2019年Q2決算予想【決算直前】

こんにちは。shiroshiroです。 本日が8月12日(月)ですが、山の日の振替休日で東京市場はお休みです。 そして、翌8月13日(火)がそーせいの第2四半期決算となります。明日いきなり発表になるわ ...

続きを見る

2019.08.13 有報
2019年12月期 第2四半期報告書
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/yuho_pdf/S100GRVD/00.pdf

ちょっと四半期単体&マイル既知分・ロイ抜きで見ましょう。こちらになります。

ということで、そーせいQ2の収益構造はこちらのようになりました。

そーせい Q2収益構造
・マイル:9.16億円 (Q1:16.20億円)
・未知少額マイル:0円 (Q1:4.52億円)
・ロイヤリティ:6.25億円 (Q1:5.76億円)
・研究開発受託:3.09億円 (Q1:4.23億円)
・製品供給収入:0.70億円 (Q1:0.65億円)
・費用:22.5億円 (Q1:20.7億円)

とすると、前回構図からすれば、

(1)確定分  :15.41億円(予想:14.9億円)
(2)未知分  :3.79億円(予想:4.9億円)
(3)費用   :22.5億円(予想:22億円以上)
※営利   :△3.3億円(予想:△2.2億円)

という形になりました。適当に予想を引いた割には良い線いっていますね。

未知少額マイルがゼロ円でしたので、そこが誤差に響きました。

 

ここから先は!?

先々を考えるために、いつものテーブルに対して、進捗を埋めていきましょう。

2019 決算内容 IR マイル
Q1 売上:31.3億円
費用:20.7億円
営利:10.6億円
(ロイ:5.7億円)
(受託:4.2億円)
(販売:0.6億円)
2019.1.7 AZ社 AZD4635Ⅱ相入りマイル 15百万米ドル
Q2 売上:19.2億円
費用:22.5億円
営利:△3.3億円
(ロイ:6.2億円)
(受託:3.0億円)
(販売:0.7億円)
2019.5.14 Pfizer社 開発候補物質創出マイル
2019.5.24 Novartis社 QVM149欧州申請
2019.6.10 Pfizer社 2件目の候補物質創出マイル
3百万米ドル
2.5百万米ドル
3百万米ドル
Q3 2019.7.16 ジェネンテック社 共同研究提携 一時金
2019.7.18 Formosa社 アクティバスAPP13007 IND承認
2019.8.5 武田薬品 新規戦略提携
26百万米ドル
2.5百万米ドル
26百万米ドル
Q4 - -

やはり、売上高100億円突破については問題ないです。既知マイル分(約58億円)とロイヤリティ(約12億円)でゆうに行けます。

上半期売上(50億)+既知マイル分(58億)+Q3,Q4ロイ(12億?)+Q3,Q4受託・販売(5億?) 程度で見ると…

いまのところ、売上高125億円あたりが予想ゴールラインでしょうか。もちろん新たに何かが発表されれば、プラスアルファになっていきます。

 

そして最後に、なんといってもM1ですね。

最初、ビジネスハイライトの文章の”中止"を見て冷や汗が出てしまいましたが、決算短信を見る限り、M1DLBがDROPしたわけではありません。要点を整理すると、

2019.08.13 適時開示
2019年12月期上期(1月-6月)ビジネスハイライトおよび連結業績について
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/tdnet/1744995/00.pdf

・日本のDLB患者向けの第Ⅱ相臨床試験(NCT#03592862)はDROP
・新たな治験届を医療品医療機器総合機構(PMDA)へ、HTL0018318(あるいは別の新規M1作動薬候補)で再提出する。
・毒性所見は2019年末ごろお知らせする予定。

以上になるようです。(↑の文章は、何か分かり次第加筆修正いたします。)

ということは、M1DLBは再開されるということでいいのでしょうか。決算説明会で発言して頂けるのでしょうか?

後で決算説明会の資料が出ますので、慌てずに待つことにしましょう。(え、決算説明会でまた記事書かないといけない…!?)

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-そーせいグループ, 業績

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.