バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2020年1月8日(水)

こんばんは。shiroshiroです。

本日のラインナップは次のようになりました。

ラインナップ

・イラン、米への報復攻撃で市場全面安
・3Dマトリックス、説明会動画公開
・バイオ株大幅安の図式は

指数関係

指数関連は以下の通り。

・NYダウ:28,583ドル(-119ドル)
・ドル円:108.52-55円(AM6時前後)
・シカゴ日経平均先物:23,350円
・日経平均:23,204円(-370円)
・マザーズ:871.00pt(-22.27pt)

イランがイラク領内の米軍基地に向けて報復のミサイル攻撃を行いました

日本時間9時ごろの出来事でしたので、今朝のNY市場はこれを反映しておりません。

やはり例のごとく影響は日本に一番最初に着弾する形となりました。

日経平均・マザーズともに大幅安。

前場引けには全面戦争を危惧する雰囲気もありましたが、

米国の即時報復はなかったので比較的後場は落ち着いた流れになりました。

 

バイオ株IRニュース

前日夕方5時以

・ブライトパスバイオ
2020年3月期 投資に関する説明会資料
https://pdf.irpocket.com/C4594/Ga1h/jFOB/bLAk.pdf

2019年11月18日に行われた説明会の資料が開示されているが、

第2四半期の決算説明会資料かつ既出?のはずなので、なぜ出たか不明。

 

【開始前:取引中】

特になし

 

取引後】

特になし

 

時刻不明】

・スリー・ディー・マトリックス
2020年4月期第2四半期 決算説明会動画
https://www.irmovie.jp/nir2/?conts=3d-matrix_201912_hSe2

コメント

~前日IR関連~
2929 ファーマフーズ 1.8%
(毛)
4579 ラクオリア創薬 -5.6%
(5-HT4欧州特許査定)

~上昇~

 

~下落~

2160 ジーエヌアイグループ -10.4%
4563 アンジェス -3.5%
4565 そーせいグループ -5.0%
4572 カルナバイオサイエンス -5.5%
4587 ペプチドリーム -1.3%
4592 サンバイオ -1.7%

2191 テラ -2.4%
2370 メディネット -3.3%
4564 オンコセラピー・サイエンス -3.5%
4571 ナノキャリア -3.4%
4575 キャンバス -3.9%
4576 デ・ウエスタン・セラピテクス -5.9%
4582 シンバイオ製薬 -2.3%
4583 カイオム・バイオサイエンス -2.5%
4584 ジーンテクノサイエンス -4.1%
4588 オンコリスバイオファーマ -5.8%
4591 リボミック -2.7%
4598 DELTA-FLYPHARMA -6.3%
6190 フェニックスバイオ -3.9%
7774 ジャパン・ティッシュ・エンシ -2.9%
7776 セルシード -3.0%
7777 スリー・ディー・マトリックス -4.4%
4599 ステムリム -2.4%
4880 セルソース -4.2%

 

本日は、個別の材料動向よりもすべてイランのミサイル攻撃に尽きると思います。

ファーマフーズはこういった地政学案件を完全に無視した形で取引をしていたのでしょう。

 

ほかの主要銘柄の動きも一応ご紹介しておきたいと思います。

ジーエヌアイ

そーせいグループ

ペプチドリーム

サンバイオ

また、今回は日経平均、マザーズの寄与銘柄上位も併せて載せておきます。

日経平均寄与銘柄上位

※引用元:https://nikkei225jp.com/nikkei/

マザーズ時価総額上位

引用元:https://finance.stockweather.co.jp/contents/ranking.aspx?mkt=3&cat=0000&type=12

 

このようにしてみますと、日経平均上位は押しなべて均等に売られているのですが、

マザーズに関してはあまりそうではありませんね。

 

ヘリオス(16位)が上昇していますので、バイオを売るというより、特定の銘柄が中心?

マザーズ指数を押し下げるために、狙い撃ちされるのはよしてほしいですね。

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.