バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2020年1月30日(木)

こんばんは。shiroshiroです。

本日のラインナップは次のようになりました。

ラインナップ

・ブライトパス、NHKが第1相の治験計画提出報道
・ソレイジア、エピシルの韓国ライセンス契約締結
・JCRファーマ&JTE、Q3決算発表

指数関係

指数関連は以下の通り。

指数 終値 前日比
NYダウ 28,734ドル (+12ドル)
ドル円 109.05-07 AM6時
シカゴ先物 23,245円
日経平均 22,977円 (-402円)
マザーズ 811.77pt (-26.00pt)

NY市場はFRBの政策金利据え置きで小動き
日本はなぜか総売りという、グローバルで見ても異様な弱さ。
1/22(水)には24000円で終わったにもかかわらず、あっという間の23000円割れ。

バイオ株IRニュース

※各項目は左から、コード・銘柄名・IR時刻・記事日付時点の終値

2020/1/30 4579 ラクオリア創薬 開始前・中 -5.7%

EP4拮抗薬grapiprantの米国におけるがん用途特許査定のお知らせ

正午ごろリリース
EP4拮抗薬GrapiprantがAskat社のほうで米国特許査定を受けたとのこと。

2020/1/30 4552 JCRファーマ 引け後 -3.9%

2020年3月期 第3四半期決算短信 [日本基準](連結)

今回のQ3は売上18077、営利2152
Q2は売上11,236、営利998
10-12月の新規発表はほぼなし。予想の数値は売上26,400、営利5,140。
グロウジェクト、テムセル、アガルシダーゼベータ、ダルベポエチンアルファと売り上げは好調だが、予想に届くか?

取締役の職務委嘱変更および人事異動に関するお知らせ

特にコメントなし

2020/1/30 4594 ブライトパス・バイオ 開始前・中 +5.2%

iPS細胞から作った免疫細胞でがん攻撃 治験計画を提出

IRではなくNHKの報道(AM4時リリース)から。
iPS-NKT細胞によるがん治療薬の第1相開始に向け、治験計画書を提出。
ブライトパスは理化学研究所と提携しており、今回の内容は千葉大と理科研の共同。(当時IR)
1相開始間近

2020/1/30 4597 ソレイジア・ファーマ 引け後 -4.2%

Synex社との口腔創傷被覆保護材「エピシル®」に関する韓国における独占的販売ライセンス契約締結のお知らせ

コードSP-03、口腔創傷被覆保護剤「エピシル」について、韓国Synex社と韓国における独占的販売ライセンス契約を締結。
2020年12月期への影響は精査中。2月13日決算の予想には織り込む予定とのこと。

2020/1/30 7774 ジャパン・ティッシュ・エンシ 引け後 -1.3%

2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)

今回Q3は売上1,505、営利△363
Q2時点は売上983、営利△271
こちらも10-12月に特段のIR無し。予想は売上3080、営利106

【決算説明資料】 2020年3月期 第3四半期

 

コメント

~前日IR関連~

4565 そーせいグループ -6.8%
※ウルティブロQ4売上
4880 セルソース -4.5%
※神野大地選手

~上昇~

4583 カイオム・バイオサイエンス +4.1%
4594 ブライトパス・バイオ +5.2%

~下落~

2160 ジーエヌアイグループ -3.8%
4563 アンジェス -4.2%
4565 そーせいグループ -6.8%
4572 カルナバイオサイエンス -3.5%
4579 ラクオリア創薬 -5.7%
4587 ペプチドリーム -2.2%
4592 サンバイオ -1.5%

2191 テラ -3.8%
2370 メディネット -3.1%
2395 新日本科学 -3.8%
2929 ファーマフーズ -9.3%
3386 コスモ・バイオ -5.5%
4552 JCRファーマ -3.9%
4564 オンコセラピー・サイエンス -5.0%
4571 ナノキャリア -2.2%
4575 キャンバス -6.8%
4576 デ・ウエスタン・セラピテクス -7.2%
4582 シンバイオ製薬 -3.7%
4584 ジーンテクノサイエンス -2.6%
4588 オンコリスバイオファーマ -4.9%
4591 リボミック -2.5%
4593 ヘリオス -3.5%
4596 窪田製薬HLDGS -2.7%
4597 ソレイジア・ファーマ -4.2%
4598 DELTA-FLYPHARMA -2.7%
4875 メディシノバ・インク -2.3%
4974 タカラバイオ -4.1%
4978 リプロセル -13.5%
6190 フェニックスバイオ -2.5%
7776 セルシード -5.9%
4599 ステムリム -2.2%
4880 セルソース -4.5%

惨憺たる有様ですね。
1%または2%以上株価が動いたときにリストアップするようにしているのですが、何もない相場の中でここまでマイナス方向にずらっと並ぶとは
バイオも弱いですが、マザーズ・日経平均すべてが弱いです
信用取引でやっていると確実にこういったときに刈り取られますのでやめておきましょう。
そーせいは10%安間近まで下がりましたし、そういう短い時間で一攫千金狙いのかた多いんですかね…

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.