バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2020年2月26日(水)

こんばんは。shiroshiroです。

本日のラインナップは次のようになりました。

ラインナップ

・ソレイジア、伊藤忠商事と中国関連で業務委託契約を締結
・JTEC、自家培養角膜上皮EYE-01M 製造販売承認了承
・ラクオリアほか、決算説明会質疑応答公開

指数関係

指数関連は以下の通り。

指数 終値 前日比
NYダウ 27,081ドル (-879ドル)
ドル円 110.12-13 AM6時
シカゴ先物 22,065円
日経平均 22,426円 (-179円)
マザーズ 780.99pt (-17.37pt)

NY市場は連続の大幅安。
コロナウィルスがアメリカでも拡大するとの予想に警戒感強まる。
対する日本市場は下落するも比較的小幅、シカゴ先物の22000~22100円台に対して、二日続けて大きく上回って終わる格好。
日本政府はむこう1~2週間のイベント中止を要請する流れで自粛ムード広がる

バイオ株IRニュース

※各項目は左から、コード・銘柄名・IR時刻・記事日付時点の終値

4579 ラクオリア創薬 時刻不明 -6.8%

2019年12月期決算説明会のスクリプト公開のお知らせ

決算説明会のやりとりを、質疑応答の部分まで含めて全文書き起こし。

 

4584 ジーンテクノサイエンス 時刻不明 -3.4%

「IRよくある質問」を更新しました

経営方針等 Q25~34 が新たに追加
治験等踏み込んだ質問もあり。

 

4586 メドレックス 時刻不明 -2.9%

2019年12月期決算説明会

 

4593 ヘリオス 引け後 -0.3%

資本金及び資本準備金の額の減少並びに剰余金の処分に関するお知らせ

繰越剰余金の欠損額161億円を計上。資本金ならびに資本準備金の額が減少。

 

定款一部変更に関するお知らせ

2020年12月31日にて本店の賃貸借契約が満了となるため、本社移転を行うための変更

 

4596 窪田製薬HLDGS 時刻不明 -3.2%

2019年12月期 通期決算説明会動画を掲載いたしました

 

4597 ソレイジア・ファーマ 引け後 -2.7%

役員の異動及び伊藤忠商事との業務委託契約締結に関するお知らせ 

筆頭株主である伊藤忠商事との間で、中国商流等に関係し業務委託契約を実施。
伊藤忠からは中国を中心とした海外情勢にかかる情報提供、事業提案や支援を受けるとのこと。
契約期間は本日より2年。

 

4875 メディシノバ・インク 時刻不明 +4.0%

2019年12月期 決算説明会 補足説明

決算説明会に関する質問に関して書面で回答
MN-166、上場維持への質問相次ぐ

 

7774 ジャパン・ティッシュ・エンシ 引け後 -3.5%

自家培養角膜上皮「EYE-01M」:部会了承に関するお知らせ

角膜上皮幹細胞疲弊症を対象とした自家培養角膜上皮(EYE-01E)の製造販売承認が審議され了承。
昨年3月に承認申請を行い本日完了。販売は眼科医療機器メーカーのニデックが行う予定。

自家培養口腔粘膜上皮(開発名:COMET01)の希少疾病用再生医療等製品への指定 再生医療等製品・生物由来技術部会で了承

角膜上皮幹細胞疲弊症を対象とした自家培養口腔粘膜上皮(開発名:COMET01)の希少疾病用再生医療等製品への指定が了承される。
現在製造販売承認申請に向けて準備中

 

4880 セルソース 時刻不明 +1.1%

【Web】会社四季報オンラインに社長インタビューが掲載されました

会社四季報オンラインで、裙本社長のインタビュー記事が掲載。
タイトルは「再生医療ベンチャーでも黒字成長はできる セルソース(4880)の裙本理人社長に聞く」

 

コメント

~前日IR関連~

4588 オンコリスバイオファーマ -7.4%
※株主総会通知
4591 リボミック -3.4%
※RBM-007学会発表
7776 セルシード -2.3%
※背ミラー中止
4880 セルソース +1.1%
※東洋経済記事

~上昇~

4582 シンバイオ製薬 +3.6%
4875 メディシノバ・インク +4.0%

~下落~

2160 ジーエヌアイグループ -3.7%
4563 アンジェス -2.4%
4565 そーせいグループ -6.1%
4572 カルナバイオサイエンス -2.3%
4579 ラクオリア創薬 -6.8%
4587 ペプチドリーム -2.9%
4592 サンバイオ -4.3%

2191 テラ -2.5%
2370 メディネット -3.6%
2395 新日本科学 -5.3%
2929 ファーマフーズ -6.9%
3386 コスモ・バイオ -2.7%
4571 ナノキャリア -5.2%
4575 キャンバス -5.3%
4583 カイオム・バイオサイエンス -2.9%
4584 ジーンテクノサイエンス -3.4%
4586 メドレックス -2.9%
4588 オンコリスバイオファーマ -7.4%
4591 リボミック -3.4%
4594 ブライトパス・バイオ -7.1%
4596 窪田製薬HLDGS -3.2%
4597 ソレイジア・ファーマ -2.7%
4598 DELTA-FLYPHARMA -5.4%
4974 タカラバイオ -2.8%
4978 リプロセル -12.1%
7774 ジャパン・ティッシュ・エンシ -3.5%
7776 セルシード -2.3%
7777 スリー・ディー・マトリックス -3.7%

相変わらずの厳しい相場環境。
そーせいはずるずると下がっていきました。現物で持っているとは言え、健康的とは言えないですね。
あとはいつこの下げ相場が底を打つのかという点に注目が集まりますが、中止・中止の連続の中で投資家心理はどこで上向くでしょうか。

中国のように何事もなかったのように上昇してくれればいいですが…

 

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.