バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2020年3月6日(金)

こんばんは。shiroshiroです。

本日のラインナップは次のようになりました。

ラインナップ

・ファーマフーズ、Q2決算発表+上方修正+増配
・タカラバイオ、PCR検査が検出マニュアル収載
・セルシード、中期経営計画で2022年黒字化を狙う

指数関係

指数関連は以下の通り。

指数 終値 前日比
NYダウ 26,121ドル (-969ドル)
ドル円 106.14-15 AM6時
シカゴ先物 20,790円
日経平均 20,749円 (-580円)
マザーズ 716.00pt (-27.13pt)

NY市場は乱高下収まらず。カリフォルニア州が緊急事態宣言。
日経平均、マザーズともに大幅安

バイオ株IRニュース

※各項目は左から、コード・銘柄名・IR時刻・記事日付時点の終値

2929 ファーマフーズ 引け後 -5.8%

2020年7⽉期 第2四半期決算短信〔⽇本基準〕(連結)

今回のQ2は売上6452、営利△1585
前回のQ1は売上3090、営利△784
11-1のIRは薬用育毛剤「ニューモ」ヒットの件。通信販売事業のセグメント利益が、前期に比べ△1000ほどになっているがQ3,Q4で挽回する見通しとのこと。

 

2020年7月期通期業績予想の修正及び期末配当予想の修正に関するお知らせ

薬用育毛剤「ニューモ」のヒットにより、売上高・純利が6~8%ほど上方修正。営利等は動かず。加えて期末配当修正を発表。Q2のみ3.5円がQ2,Q4合計7円に増配。

 

3386 コスモ・バイオ 時刻不明 -2.6%

2019年型コロナウイルス(2019-nCoV)の研究にProSci Scientists 社 コロナウイルス研究用抗体

コスモバイオ2匹目のどじょう(参考)なるか。コロナウイルス研究用抗体の販売開始。

 

4582 シンバイオ製薬 時刻不明 -3.1%

第15期定時株主総会招集ご通知

株主総会は3月26日(木)AM10時から。場所は千代田区サピアタワー

 

4583 カイオム・バイオサイエンス 時刻不明 -8.7%

第16回定時株主総会招集ご通知

株主総会は3月27日(金)AM10時から。場所はベルサール西新宿ホール。

 

4974 タカラバイオ 時刻不明 -0.8%

新型コロナウイルスPCR検査用試薬・機器の 国立感染症研究所マニュアル収載について

「病原体検出マニュアル2019」にタカラバイオの試薬キットおよびリアルタイムPCR装置が収載。PCR検査への利用が期待されるとのこと。

 

7776 セルシード 時刻不明 -4.6%

2019年12月期決算説明会資料

中期経営計画(2020年-2022年)では、2022年12月に売上1400、営利黒字転換を狙う。
以下事業別予想(左から2020,2021,2022)
再生医療支援事業:230→320→390
細胞シート再生医療事業:80→40→1010

 

2019年12月期決算説明会の動画配信

 

コメント

~前日IR関連~

2160 ジーエヌアイグループ -9.1%
※株主総会コロナ対応
4563 アンジェス +19.7%
※コロナ研究開発(2連続S高)
4565 そーせいグループ -9.2%
※インターネット開示
4579 ラクオリア創薬 -2.7%
※特許査定
4584 ジーンテクノサイエンス -6.2%
※提携2件
4586 メドレックス -5.9%
※学会発表
4588 オンコリスバイオファーマ -11.5%
※社長コラム+記事掲載
4974 タカラバイオ -0.8%
※コロナ研究開発
7776 セルシード -4.6%
※株主総会
7777 スリー・ディー・マトリックス -7.7%
※新株予約権大量行使
4599 ステムリム -9.5%
※記事掲載

~上昇~

4563 アンジェス +19.7%

~下落~

2160 ジーエヌアイグループ -9.1%
4565 そーせいグループ -9.2%
4572 カルナバイオサイエンス -7.7%
4579 ラクオリア創薬 -2.7%
4587 ペプチドリーム -3.4%
4592 サンバイオ -3.1%

2191 テラ -5.8%
2370 メディネット -2.1%
2395 新日本科学 -3.8%
2929 ファーマフーズ -5.8%
3386 コスモ・バイオ -2.6%
4552 JCRファーマ -2.1%
4564 オンコセラピー・サイエンス -6.7%
4571 ナノキャリア -3.0%
4575 キャンバス -5.4%
4576 デ・ウエスタン・セラピテクス -5.4%
4582 シンバイオ製薬 -3.1%
4583 カイオム・バイオサイエンス -8.7%
4584 ジーンテクノサイエンス -6.2%
4586 メドレックス -5.9%
4588 オンコリスバイオファーマ -11.5%
4591 リボミック -10.6%
4594 ブライトパス・バイオ -6.0%
4596 窪田製薬HLDGS -6.6%
4597 ソレイジア・ファーマ -3.7%
4598 DELTA-FLYPHARMA -11.3%
4875 メディシノバ・インク -6.2%
6190 フェニックスバイオ -6.3%
7774 ジャパン・ティッシュ・エンシ -2.3%
7776 セルシード -4.6%
7777 スリー・ディー・マトリックス -7.7%
4599 ステムリム -9.5%
4880 セルソース -6.7%

 

株価はアンジェスの一人勝ちです。タカラバイオは途中まで上昇していたのですが、マイナスに転落してしまいました。2015年にエボラ研究開発を発表し、2019年4月にようやくちょっと出た格好でいまだに基礎研究から抜け出せないぐらいの様子(一番下)ですので、今回の新型コロナウィルスも果たしてというところでしょうか。

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.