バイオファーマ日記

バイオファーマ日記:2020年4月16日(木)

こんばんは。shiroshiroです。

本日のラインナップは次のようになりました。

ラインナップ

・メドレックス、DWTIと共同研究契約締結。マイルをもらい、一部ロイヤリティを払う構図に
・DWTI、メドレックスとの契約により業績・中計修正
・窪田製薬、デンマークLEO社と共同研究契約

 

バイオ株IRニュース

※各項目は左から、コード・銘柄名・IR時刻・記事日付時点の終値
工数削減のため、有価証券報告書や決議通知等の発表については省略

4565 そーせいグループ 引け後 +0.6%

事後交付型株式報酬(リストリクテッド・ストック・ユニット(RSU))制度に基づく新株式発行に関するお知らせ

事後交付型株式報酬(RSU)は、一定期間働くことを条件としたストックオプションに近い。
発行済み株式数7700万株に対して
・第7回:2021年3月末までで、株式数の0.05%
・第8回:2022年3月末までで、株式数の0.3%
・第9回:2023年3月末までで、株式数の0.3%
の規模で新株を発行する。

 

4572 カルナバイオサイエンス 引け後 +1.8%

「譲渡制限付株式報酬としての新株式発行に関するお知らせ」を掲載しました。

発行済み株式数1200万株に対して、4.6万株分(0.38%)のストックオプションを発行。

 

3386 コスモ・バイオ 時刻不明 +1.1%

2020年 学会・展示スケジュールを更新しました

腸内細菌学会学術集会も中止。リストアップされた学会がすべて消滅or延期に。

 

4576 デ・ウエスタン・セラピテクス 引け後 +0.8%

譲渡制限付株式報酬としての新株式発行に関するお知らせ

発行済み株式数2600万株に対して、3.6万株分(0.14%)のストックオプションを発行。取締役3名に対して。

 

コミットメント期間付タームローン契約締結に関するお知らせ

メドレックスとの契約に際し、みずほ銀行とコミットメント期間付きタームローン契約を締結。
借入限度額は2億円。
コミットメント期間は2022年4月30日まで。返済期日は2027年9月30日。

 

メドレックス社との共同開発契約締結のお知らせ

DWTIとメドレックスの間で、メドレックスの帯状疱疹後の神経疼痛治療薬MRX-5LBT(リドカインテープ剤)に関する、共同開発契約を締結。
米国で開発中のMRX-5LBTについて、DWTIも共同参画する模様。メドレックスへの一時金の支払いはなし。進捗に応じたマイルストーン(最大2億円)を今後支払う可能性。販売高に応じたロイヤリティを受領。

DWTIにとっては、「一時金なし。マイル支払。ロイヤリティ受領」という見たことのない構図。

 

業績予想の修正に関するお知らせ

売上変わらず。営利△290→△390など、営利~純利まで1億円下方修正。メドレックスへのマイル支払いによるもの。

 

中期経営計画の修正に関するお知らせ

メドレックスとの提携により、3年計画のうち、2020年12月期、2021年12月期の2年間で各1億円の経費が追加。2022年12月は変更なし。

 

4586 メドレックス 引け後 -5.6%

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所とのMRX-5LBTにおける共同開発契約締結のお知らせ

DWTI側と内容は同様。
メドレックスの帯状疱疹後の神経疼痛治療薬MRX-5LBT(リドカインテープ剤)に関する、DWTIと共同開発契約を締結。
米国で開発中のMRX-5LBTについて、DWTIも共同参画する。メドレックスへの一時金の支払いはなし。進捗に応じたマイルストーン(最大2億円)を今後支払う可能性。
販売高に応じたロイヤリティを受領。

メドレックスにとっては、「最大2億円のマイルのために、一時金無し、ロイヤリティ一部譲渡」という苦しい締結内容

 

業績予想の修正に関するお知らせ

通期売上234→334、営利△1189→1089という一件1億円改善したという上方修正
ただし、その内容はDWTIとの提携の通り。

 

4596 窪田製薬HLDGS 引け後 -5.3%

LEO Pharma社との共同研究契約締結のお知らせ

米子会社クボタビジョン・インク社がデンマークLEO Pharma A/SとLEO社保有オープンイノベーションプログラムを利用して共同研究契約を締結。
研究開発段階と思われる白血球接着分子VAP-1阻害剤を用いて、LEO社の持つツールを活用して共同研究を進めるとのこと。

※VAP-1阻害剤の煽り方が猛烈。実現したらエリクサーのレベル
>>新型コロナウイルス(COVID-19)感染に伴う急性呼吸窮迫症候群(ARDS)、乾癬アトピー性皮膚炎糖尿病性腎疾患、変形性関節症、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)などによって引き起こされる様々な炎症病態に対し効果があると考えられています。

 

4875 メディシノバ・インク 開始前・中 -5.9%

取締役の退任に関するお知らせ

 

コメント

~前日IR関連~

4563 アンジェス -1.0%
※記事掲載
3386 コスモ・バイオ +1.1%
※学会スケジュール
4596 窪田製薬HLDGS -5.3%
※株主通信
4599 ステムリム -8.4%
※緊急事態宣言対応

~上昇~

2160 ジーエヌアイグループ +1.3%
4572 カルナバイオサイエンス +1.8%
4579 ラクオリア創薬 +2.5%
4587 ペプチドリーム +1.9%

2929 ファーマフーズ +2.1%
4880 セルソース +2.4%

~下落~

4563 アンジェス -1.0%

2191 テラ -3.5%
4564 オンコセラピー・サイエンス -4.1%
4586 メドレックス -5.6%
4593 ヘリオス -4.9%
4596 窪田製薬HLDGS -5.3%
4597 ソレイジア・ファーマ -3.9%
4875 メディシノバ・インク -5.9%
4599 ステムリム -8.4%

おわり

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-バイオファーマ日記

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.