資産を築くための「バイオ株」と「バブル相場」のあれこれを勝手につぶやく投資サイト

Shiroshiroの投資ノート

初心者向け講座

【投資のコツは?】利益重視 vs 損失回避どちらがいいのか

(本記事は初心者の方に向けて執筆しております。投資キャリアのある方の考えには合わない可能性がありますので、あくまで一個人の考えとしてご理解ください)

 

投資で資産を築こうとする時、

「利益を狙う」か「損失を抑える」か

だったら、どちらを重視しますか?

10%損したから、10%儲けて取り返せた」と思っている方は、ひとつ大きな勘違いをしていることに触れないといけません。

 

なぜそうなのかという理由にクローズアップする今回のテーマは、

「利益を重視するか、損失を重視するか」

です。

 

初心者の方はまずこの記事の内容を頭に入れてから、投資に臨んでもらった方がいいでしょう。

これを考えずにガチャガチャと売り買いをしていると、機械的に大きな損失を生み出しているかもしれません。

 

市場が調子の良い時には、まだ目をつぶっていられることも多いですが、市況が悪くなった時には、投資家の実力が問われます。

やられないようにこの記事を読んで準備してから、投資に臨みましょう。

 

ひとことで言うと

ではポイントは何か。

結論をひとことで言うと、投資で上手に資産を築いていくためには、

まず損をしないことから始めましょう

というのが管理人の考えです。

 

その理由について、これから本編でお話ししていきたいと思います。

世の中、利益を伸ばしてこその投資家だとか、いやその理屈はおかしいという意見はあるでしょうし、所詮は一個人の考えに過ぎません。

ただ、自身も何年も投資を続けていると、たった1日でとてつもない損失を受けた日もあります。

そんな日はもう投資辞めたいとかいろいろなことを考えるのですが、結局やめずに取り返そうと決意を新たにします。

ただし、ある日一つのことに気づかされてしまうのです。

投資を始めてから、この事を改めて考えるには時間がかかりました。

いつか儲かるということで、自分の中で目隠しをしていたのかも知れません。

 

重要なことは3つ。

①10%損→10%益で損益は±ゼロか?
100%損のババを引いてしまえば終わり
信用取引はデメリットを大きくするだけ

一つ一つ触れていきましょう。

 

①10%損→10%益で損益は±ゼロか?

読者の皆様の投資総額はバラバラですので、ここでは仮に100万円を投資していたと考えてください。

さて、皆様も投資市場で買ったり売ったりするのであれば、

「くそっ、A株で10%損した!10%取り返さなくては!」

と思うことはあるのではないでしょうか。

しかし少し待ってください。

仮に100万円で10%損して、その後10%利益を出したら100万円に戻りますか

戻らないですよね。

100万円→(10%)→90万円→(10%)→99万円

という具合に1万円失っています。取り返せてはいないんです。順番が逆でも同じです。

100万円→(10%)→110万円→(10%)→99万円

いまこのように10%の振れ幅ですと、その誤差も1%程度に収まっていますが、ではこれが20%30%となった時どうなるでしょうか。

同じように計算すると、96万円(20%)91万円(30%)というようにドンドン誤差が膨れ上がっていきます。

では50%損した後では、50%の利益で75万円です。本来の100万円から大きく減ってしまいました。

50%損して残った金額で100万円に戻すには何%利益を出せばいいか。

正解は100%です。

非常に単純な話ですが、50%損してそれを取り返すには、変動率ではその倍となる利幅を取らないといけないわけですね。

このことから見ても、利益よりも損失を出す方が痛いと認識する必要があります。

 

②100%損のババを引いてしまえば終わり

そんなことを言っても損を上回るほどに利益を出し続ければいいじゃない、というのももっともです。

管理人は無理ですが、ごく少数の人はそんなパフォーマンスを叩き出すこともあるでしょう。

ただそんな人も、100%損、つまりゼロになるようなイベントに直撃すればおしまいです。

 

実際にそんなことあるの?と初心者の方で思われる方もいるかも知れませんが、価値がゼロになる出来事は割とあります。

JAL(日本航空)やエルピーダメモリなど大企業も例外ではありません。

東京電力は生きていますが、東北大震災の後、一時株価が20分の1にまで落ちました

当時、それまでは安定した高配当を出す有望銘柄と持て囃されていましたが、何が起こるかはわかりません。

 

FXの世界では、悪名高きスイスフランショックという出来事がありました。

FXはレバレッジをかけて何倍の額を投資することもありますが、ポジション次第で一瞬で破産できます。

興味があったら調べてみてください。

 

利益は数1000%でも幅がありますが、損失は100%しか幅はありません

その100%はなんとしても守る必要があります。

 

③信用取引はデメリットを大きくするだけ

最後にお話しするのは信用取引についてです。

よく知らない方は、よく知らないまま触らない方がいいと思います。

 

自身の保有する資産を担保に、自身の総資産額の2倍、3倍の額の売り買いができるようになるわけですが

これまでのお話で既に予想がつくかも知れませんが、信用取引はしない方がいいです。

 

①のお話なら、10%の振れ幅を3倍の投資額でやるようなものですので、誤差3倍。

10%なら-3万円、20%-12万円、30%-27万円。ガチャガチャといじるほどに溶けていきます。

 

なら勝てる銘柄に一点投資で信用買いすれば良いじゃないか!

ということもありそうな気がしますが、世の中100%とというものはありません。

 

正直にぶっちゃけますが、管理人の推し銘柄であるそーせいを信用買いして、やらかしました
(M1中断の件です。あれは精神的にキツかったです)

 

②のお話でいうと、通常なら100%損でゲームオーバーですが、信用2倍なら50%損、信用3倍なら33%損でゲームオーバーです。

自分から死に近づいていっているように見えてくるかもしれません。

 

仮に1回目の博打に勝ったとしましょう。

それでも手元に存在する資産の率は100%のまま変わらず、ゲームオーバーの条件は変わりません。

今回は少額で、とリスク回避の姿勢があれば立派ですが、博打に勝ったという甘い記憶を前に姿勢を貫けるかどうか。

 

そういった意味から信用取引というには、デメリットしかないというのが個人的な考えです。(手っ取り早く儲けようとか考えない)

 

上記の3点から言えることは、「利益よりもまず損失を減らすことが大事」ということになります。

(実行することはなかなか難しいですが。。。)

 

最後に

人間誰しもお手軽に儲けたい、この記事を読んでいる間に持ち株がストップ高になって欲しいと思うものです。

ただ、そこはぐっと我慢しましょう。

それができるだけでも、初心者の人でも上手に資産が築ける一歩、or、知らず知らずに損が増えていくということが避けられると思います。

ということで、リスク管理に気をつけて、なるべく損失を被らないように注意しましょう。

 

 

以前に、別記事で往復ビンタ(買ったら下がり、売ったら上がる)の対処法について書きました。

あちらについても要は心理的に揺さぶられないよう、リスク管理をしてくださいということで、同じ流れを汲んでいます。

よかったらそちらの記事もぜひ見てください。

【初心者向け】買えば下がり、売れば上がる?悪夢の往復ビンタの対処法は

(本記事は初心者の方に向けて執筆しております。投資キャリアのある方の考えには合わない可能性がありますので、あくまで一個人の考えとしてご理解ください)   本日は初心者向け講座として、投資であ ...

続きを見る

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-初心者向け講座

Copyright© Shiroshiroの投資ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.