そーせいグループ 研究

そーせいの研究業績:2020年7~9月

そーせいグループ株式会社の研究発表についてまとめるページです。
そーせいの研究業績:2020年4~6月
更新2020.7.31 AZD4635

7月

A2A候補薬AZD4635 第1相結果PKデータ 学会発表

2020.07.09 知識(※ページ消失) #A2A #AZD4635
Clinical pharmacology of AZD4635: Integration of PK data from cancer patients and healthy volunteer clinical trials to provide dosing recommendations (AACR 2020)

CT168 - Clinical pharmacology of AZD4635 (A2ARi): Integration of PK data from cancer patients (CP) and healthy volunteer (HV) clinical trials to provide dosing recommendations
ポスター
邦題: AZD4635の臨床薬理学:がん患者(CP)と健康志願者(HV)の臨床試験のPKデータを統合し、推奨される投薬を提供
1st: Ganesh Moorthy
2nd: Gayle Pageau Pouliot (Astrazeneca)
Last: G. Mugundu: (Astrazeneca)(Pfizer)
[学会]AACR2020 バーチャル年次総会(ポスター)
Heptares: 無し

アデノシンA2a受容体拮抗薬AZD4635の第1相試験結果
・がんのサイズ等の話ではなく、健常者・がん患者それぞれが投与によってどう体に反応が出るかの確認
・75mgカプセル投与が今後の臨床調査のために提案。食物の有無にかかわらずAZD4635の摂取可能に

 

QVM149(エナジア) 第3相IRIDIUM試験結果 論文

2020.07.10 適時開示 #QVM149 #エナジア
コントロール不良な喘息患者を対象としたエナジア ブリーズヘラーの第3相臨床試験(IRIDIUM試験)における有効性成績がThe Lancet Respiratory Medicine誌に掲載

Once-daily, single-inhaler mometasone–indacaterol–glycopyrronium versus mometasone–indacaterol or twice-daily fluticasone–salmeterol in patients with inadequately controlled asthma (IRIDIUM): a randomised, double-blind, controlled phase 3 study
1st: Huib A M Kerstjens (蘭University Medical Center)
2nd: Jorge Maspero (Novartis)
[論文]The Lancet Respiratory Medicine
Heptares: 無し

・ぜん息薬QVM149(エナジア)に関する第3相試験
・ICS/LAMA/LABAの3合剤であるQVM149とICS/LABAの合剤で比較を行い、主要評価項目を無事達成

※内容そのものは2019年10月にノバルティスから発表済み

 

Orexia社 OX2候補物質権利取得

2020.07.22 非IR 報道記事 #OX1 #OX2 #Orexia #Inexia
X-Chem Announces Achievement of Milestone In Orexia Collaboration

・Orexia社がDNAエンコードライブラリを得意とするX-chem社と共同研究
マイルストン達成という形で、Orexiaは複数のOX2受容体候補物質の権利を取得。
・X-Chemは今後の達成によってマイルストンやロイヤリティを受領。

雑に書くと、そーせいのスピンオフ企業のOrexia社がコラボによって複数のオレキシン候補物質を獲得

 

A2A候補薬AZD4635 CD103論文(New)

2020.07.31 非IR 論文 #A2A #AZD4635
Small molecule AZD4635 inhibitor of A2AR signaling rescues immune cell function including CD103+ dendritic cells enhancing anti-tumor immunity
邦題: A2A Rシグナル伝達阻害剤AZD4635、CD103+樹状細胞を含む免疫細胞機能を救い、抗腫瘍免疫を増強。
1st: Alexandra Borodovsky (Nurix Inc)
2nd: Christine M Barbon (Bluefin Biomedicine)
学術誌: Journal for Immuno Therapy of Cancer
Heptares: James Brown, Miles Congreve, Andrew S Dore, Edward Hurrell

A2aR拮抗薬AZD4635が樹状細胞を活性化し、抗腫瘍免疫を増強するという学会発表の論文版
・in vitro(試験管)でマウスとヒトの両方のT細胞・樹状細胞の機能活性をテスト。AZD4635単独 or IMFINZI併用(Durvarmab:免疫チェックポイント阻害剤)で実施。
・腫瘍の免疫回避のメカニズムとして、アデノシンによる免疫抑制を示唆。AZD4635によるアデノシンシグナル伝達の阻害が、樹状細胞ひいてはT細胞の機能を回復させ、抗腫瘍免疫をもたらす

過去学会:

 

8月

 

 

 

 

9月

 

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-そーせいグループ, 研究

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.