資産を築くための「バイオ株」と「バブル相場」のあれこれを勝手につぶやく投資サイト

Shiroshiroの投資ノート

そーせいグループ 研究

そーせいの研究業績:2020年7~9月

そーせいグループ株式会社の研究発表についてまとめるページです。
そーせいの研究業績:2020年4~6月
そーせいの研究業績:2020年10~12月

7月

A2A候補薬AZD4635 第1相結果PKデータ 学会発表

2020.07.09 知識(※ページ消失) #A2A #AZD4635
Clinical pharmacology of AZD4635: Integration of PK data from cancer patients and healthy volunteer clinical trials to provide dosing recommendations (AACR 2020)

CT168 - Clinical pharmacology of AZD4635 (A2ARi): Integration of PK data from cancer patients (CP) and healthy volunteer (HV) clinical trials to provide dosing recommendations
ポスター
邦題: AZD4635の臨床薬理学:がん患者(CP)と健康志願者(HV)の臨床試験のPKデータを統合し、推奨される投薬を提供
1st: Ganesh Moorthy
2nd: Gayle Pageau Pouliot (Astrazeneca)
Last: G. Mugundu: (Astrazeneca)(Pfizer)
[学会]AACR2020 バーチャル年次総会(ポスター)
Heptares: 無し

アデノシンA2a受容体拮抗薬AZD4635の第1相試験結果
・がんのサイズ等の話ではなく、健常者・がん患者それぞれが投与によってどう体に反応が出るかの確認
・75mgカプセル投与が今後の臨床調査のために提案。食物の有無にかかわらずAZD4635の摂取可能に

 

QVM149(エナジア) 第3相IRIDIUM試験結果 論文

2020.07.10 適時開示 #QVM149 #エナジア
コントロール不良な喘息患者を対象としたエナジア ブリーズヘラーの第3相臨床試験(IRIDIUM試験)における有効性成績がThe Lancet Respiratory Medicine誌に掲載

Once-daily, single-inhaler mometasone–indacaterol–glycopyrronium versus mometasone–indacaterol or twice-daily fluticasone–salmeterol in patients with inadequately controlled asthma (IRIDIUM): a randomised, double-blind, controlled phase 3 study
1st: Huib A M Kerstjens (蘭University Medical Center)
2nd: Jorge Maspero (Novartis)
[論文]The Lancet Respiratory Medicine
Heptares: 無し

・ぜん息薬QVM149(エナジア)に関する第3相試験
・ICS/LAMA/LABAの3合剤であるQVM149とICS/LABAの合剤で比較を行い、主要評価項目を無事達成

※内容そのものは2019年10月にノバルティスから発表済み

 

DLB(レビー小体型認知症)患者へのドネペジル投与での認知・精神症状研究

2020.07.15 非IR 論文 #M1 #M4 #M1/M4
Cholinergic muscarinic M1/M4 receptor networks in dementia with Lewy bodies
邦題: レビー小体型認知症におけるコリン作動性ムスカリン性M1 / M4受容体ネットワーク
1st: Sean J Colloby (University of Newcastle)
2nd: Pradeep J Nathan (Sosei Heptares)
Last: John-Paul Taylor (University of Newcastle)
[論文]BRAIN COMMUNICATIONS
Heptares: Geor Bakker,

・アルツハイマー承認薬ドネペジル(商品名アリセプト)を使用した研究
・DLB患者14名と健康な高齢者24名を対象に投与後の認知および神経精神症状の変化を調査
ドネペジルによる認知および神経精神症状における良い反応は、M1/M4受容体の発現の維持に関連していると考えられる。

そーせいにまつわる薬剤の投与による試験結果ではなく、より基礎研究的な方向として、レビー小体型認知症患者の脳内反応を観察するのが主な目的の模様。

 

Orexia社 OX2候補物質権利取得

2020.07.22 非IR 報道記事 #OX1 #OX2 #Orexia #Inexia
X-Chem Announces Achievement of Milestone In Orexia Collaboration

・Orexia社がDNAエンコードライブラリを得意とするX-chem社と共同研究
マイルストン達成という形で、Orexiaは複数のOX2受容体候補物質の権利を取得。
・X-Chemは今後の達成によってマイルストンやロイヤリティを受領。

雑に書くと、そーせいのスピンオフ企業のOrexia社がコラボによって複数のオレキシン候補物質を獲得

 

A2A候補薬AZD4635 CD103論文

2020.07.31 非IR 論文 #A2A #AZD4635
Small molecule AZD4635 inhibitor of A2AR signaling rescues immune cell function including CD103+ dendritic cells enhancing anti-tumor immunity
邦題: A2A Rシグナル伝達阻害剤AZD4635、CD103+樹状細胞を含む免疫細胞機能を救い、抗腫瘍免疫を増強。
1st: Alexandra Borodovsky (Nurix Inc)
2nd: Christine M Barbon (Bluefin Biomedicine)
[論文]Journal for Immuno Therapy of Cancer
Heptares: James Brown, Miles Congreve, Andrew S Dore, Edward Hurrell

A2aR拮抗薬AZD4635が樹状細胞を活性化し、抗腫瘍免疫を増強するという学会発表の論文版
・in vitro(試験管)でマウスとヒトの両方のT細胞・樹状細胞の機能活性をテスト。AZD4635単独 or IMFINZI併用(Durvarmab:免疫チェックポイント阻害剤)で実施。
・腫瘍の免疫回避のメカニズムとして、アデノシンによる免疫抑制を示唆。AZD4635によるアデノシンシグナル伝達の阻害が、樹状細胞ひいてはT細胞の機能を回復させ、抗腫瘍免疫をもたらす

過去学会:
https://twitter.com/Shiroshiro4565/status/1237164450089562113?s=20

 

8月

 

 

 

 

 

9月

M1候補薬HLT0009936 M1アゴニストの発見論文

2020.09.01 非IR 論文 #M1 #HTL0009936
From Structure to Clinic: Discovery of A M1 Muscarinic Acetylcholine Receptor Agonist for the Treatment of Memory Loss in Alzheimer's Disease
邦題: 構造から臨床へ:アルツハイマー病の記憶喪失の治療のためのM1ムスカリン性アセチルコリン受容体アゴニストの発見
1st: Alastair J. H. Brown (Sosei Heptares)
2nd: Sophie J. Bradley (University of Glasgow)
Last: Andrew Tobin (University of Glasgow)
[論文]Journal for Immuno Therapy of Cancer
Heptares: Giles A. Brown, Kirstie A. Bennett, Jason Brown, Julie E. Cansfield, David M. Cross, Joao M. Dias, James C. Errey, Edward Hurrell, Jan Liptrot, Pradeep J. Nathan, Krzystof Okrasa, Greg Osbourne, Jayesh C. Patel, Mark Pickworth, Mary Vinson, Tim Tasker, Benjamin G. Tehan, Barry Teobald, Ali Jazayeri, Rovert M. Cooke, Fiona H. Marshall, Prakash Rucktooa, Miles S. Congreve, Malcolm Weir

M1アゴニストHTL0009936の発見に関する論文
・Heptaresのほぼフルメンバーが名を連ねた大作
・M1ムスカリン性アセチルコリン受容体のアゴニスト結合結晶構造と、選択的M1オルソステリックアゴニストであるHTL0009936のドラッグデザインにおける応用を説明。

学術的な文面はひとまずスルーでいいです。
そーせいの最初のM1化合物HTL0009936(現在は新型のHTL0018316に成り代わってる)における総論に近いと予想。

 

SwissFEL(X線自由電子レーザー)の技術進展(New)

2020.09.09 非IR 論文 #XFEL
Advances in Long-Wavelength Native Phasing at X-Ray Free-Electron Lasers
邦題: X線自由電子レーザーでの長波長ネイティブフェージングの進歩
1st: Karol Nass (Paul Scherrer Institut)
2nd: Robert Cheng (LeadXpro AG)
Last: Christopher J. Milne (Paul Scherrer Institut)
[学会誌]IUCrJ
Heptares: Tian Geng, Mathieu Rappas, Andrew S. Doré, Robert Cooke

・XFEL(X線自由電子レーザー)を用いた結晶構造学に関する研究発表
・スイスで新たに建設されたSwissFELにおいて、サンプル消費量とビーム時間要件を大幅に短縮
・主体はポールシュラー研で、そこにHeptaresが参加する構図

XFELの本格稼働により、StaR®技術によってもたらされた結晶のさらなる高精細な解析が可能になる?

 

深層学習を利用した分子ドッキング手法の評価

2020.09.18 非IR 学会 #計算機科学
Towards Integrating Deep Generative Models with Structure-Based Design
邦題: 深層生成モデルと構造ベース設計の融合を目指して
1st: Morgan Thomas (University of Cambridge)
2nd: Rob Smith (Soseiheptares)
Last: Andreas Bender (University of Cambridge)
[学会]RCS-CICAG AIChem20
Heptares: Noel O'Boyle, Chris De Graaf

・深層学習の進歩を応用したDeep Generative Modelに関する研究
ドーパミン受容体D2(DRD2)を題材に、構造に基づいた分子ドッキング手法の能力を評価した
・構造ベースの分子生成は、リガンドベースに比べて失敗が少ないことが証明

基礎研究のため内容が難しいです。一言でいうと、コンピュータによる計算で、創薬候補物質を予測するための基礎研究

候補物質を作るために「(受容体の)構造」をもとに結合シミュレーションを行うか、「リガンド(天然に存在する伝達物質)」をもとに結合シミュレーションを行うかの二択ですが、「(受容体の)構造」をもとにしたほうがよさそうとのこと。

 

 

 

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-そーせいグループ, 研究

Copyright© Shiroshiroの投資ノート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.