「バイオ株」と「バブル」のあれこれを勝手につぶやく投資サイト

Shiroshiroのバイオ株ノート

そーせいグループ 研究

そーせいの研究業績:2022年

GLP-1そーせいグループ株式会社の研究発表についてまとめるページです。
そーせいの研究業績:2021年

1-3月

GPCRクラスB1のループに関する基礎研究 ('22/4/9追加)

2022.1.13 非IR 学会 
The Role of ICL1 and H8 in Class B1 GPCRs; Implications for Receptor Activation
邦題: クラスB1 GPCRにおけるICL1とH8の役割;受容体活性化への示唆
1st: Ian Winfield (University of Cambridge)
2nd: Kerry Barkan (University of Cambridge)
Last: Graham Ladds (University of Cambridge)
[学会誌]Frontiers in Endocrinology
Heptares: Nathan J. Robertson, Ali Jazayeri

クラスB1のGPCRで、各エリアの役割についての基礎研究
・ILC1(inner cellular loop 1)とH8(herix 8)が持つ役割を調査。
・ICL1全体の変異が、CGRPによるcAMP産生を増強または破壊する可能性があることが分かった。

 

M1候補薬 構造から臨床までの作動薬開発の設計 ('22/3/26追加)

2021.11.4 IR 論文 #M1
From structure to clinic: Design of a muscarinic M1 receptor agonist with potential to treatment of Alzheimer’s disease
邦題: 構造から臨床へ。アルツハイマー病治療薬として期待されるムスカリンM1受容体アゴニストの設計
1st: Alastair J.H. Brown (Sosei Heptares)
2nd: Sophie J. Bradley (Sosei Heptares)
Last: Andrew B. Tobin  (University of Glasgow)
[学会誌]Cell
Heptares: Fiona H. Marshall, Giles A. Brown, Kirstie A. Bennett, Jason Brown, Julie E. Cansfield, David M. Cross, Chris de Graaf, Brian D. Hudson, Edward Hurrell, Jan Liptrot, Giulio Mattedi, Pradeep J. Nathan, Krzysztof Okrasa, Greg Osborne, Jayesh C. Patel, Mark Pickworth, Robert T. Smith, Tim Tasker, Christopher J. Langmead, Robert M. COoke, Prakash Rucktooa, Miles S. COngreve, Malcom Weir

M1作動薬を設計することを目的に探索から臨床への筋道を示した大規模論文。
・M1作動薬が前臨床で認知機能向上、ヒトへの投与で低い副作用を示す
・M1作動薬によって高齢者の学習・記憶中枢を活性化する

手順は、
・M1用化合物のスクリーニング
・M1結晶構造生成(StaR)&解析
・HTL9936生成のドラッグデザイン
・HTL9936複合体の結晶生成&解析
・in vitro(試験管内)でのassay
・前臨床モデルでの評価(犬→霊長類
・健康なヒトでの安全性評価
・健康な高齢者での認知評価
10年近くの研究の成果が記載されている。

 

SSTR5(ソマトスタチン)候補薬HTL0030310の同定 ('22/4/5追加)

2022.3.29 知識 学会 #SSTR5 #HTL0030310
Identification of Subtype Selective SST5 Receptor Agonist Peptide HTL0030310 using Structure-Based Drug Design
邦題: SBDDによる選択的SST5受容体ペプチド作動薬HTL0030310の同定
1st: Miles Congreve (Sosei Heptares)
2nd: Nigel Austin (Sosei Heptares)
Last: Eugenia Sergeev (Sosei Heptares)
[学会誌]ACS Spring 2022
Heptares: Matt Barnes, Kirstie Bennett, Alastair Brown, Giles Brown, John Christopher, Chris De Graaf, David Howe, Jennifer McGarvey, Donald Newgreen

SSTR5(ソマトスタチン)選択的作動薬HTL0030310を同定
・高度に機能的かつ選択的なアゴニスト
・HTL0030310は第1相を完了、これらの前臨床種における試験は別途報告する予定。本プログラムは共同研究およびライセンス供与可能

poster資料

 

GLP-1拮抗薬HTL0033097の同定('22/4/5追加)

2022.3.29 知識 学会 #GLP-1 #HTL0033097
Identification and characterisation of a novel GLP-1 receptor antagonist peptide HTL0033097
邦題: 新規GLP-1ペプチド拮抗薬HTL0033097の同定と特性評価
1st: Alastair JH Brown (Sosei Heptares)
2nd: Miles Congreve (Sosei Heptares)
Last: Robert Willis (MSD) (Sosei Heptares)
[学会誌]ACS Spring 2022
Heptares: David Howe, Iryna Kizyun, Donald Newgreen, Gareth Waldron

GLP-1ペプチド拮抗薬HTL0033097を同定
・インスリンの過剰分泌による低血糖を引き起こす。GLP-1の働きを阻害することでインスリンの分泌に直接影響を与え正常化させることが可能。
・Ex9-39と比較して、薬物動態や薬力学特性が大幅に改善

poster資料

"本プログラムは共同研究およびライセンス供与可能"との記述あり

 

GLP-1/GLP2デュアル作動薬HTL0030023の同定('22/4/5追加)

2022.3.29 知識 学会 #GLP-1/GLP-2 #HTL0030023
Identification and characterisation of a dual GLP-1/GLP-2 agonist peptide, HTL0030023 using structure based drug design
邦題: SBDDによるGLP-1/GLP-2デュアルアゴニストペプチドHTL0030023の同定と特性評価
1st: Rie Suzuki (Sosei Heptares)
2nd: Nigel Austin (Sosei Heptares)
Last: Robert Willis (MSD) (Sosei Heptares)
[学会誌]ACS Spring 2022
Heptares: Alastair J Brown, John A Christopher, Miles Congreve, Divid Howe, Iryna Kizyun, Donald Newgreen

GLP-1/GLP2デュアル作動薬HTL0030023を同定
・当ペプチドが栄養吸収および腸管機能に有益である仮説を検証。GLP2製剤teduglutideと比較してPK/PDが改善
・HTL0030023のユニークな作用は、短腸症候群や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)などの代謝性疾患に治療機会を提供する可能性がある。

poster資料

"本プログラムは共同研究およびライセンス供与可能"との記述あり

 

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-そーせいグループ, 研究

Copyright© Shiroshiroのバイオ株ノート , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.