そーせいグループ 業績

2020年12月期のそーせいグループ(業績・IR)

そーせいグループ株式会社の業績とおもなIRについてまとめています。

Q1決算短信
Q2決算短信

2020年12月期業績

・基本業績(四半期ごと)

'20/01~'20/12 Q1 Q2 Q3 Q4 合算 予想
売上 1,162 1,354 予想非開示
営利 -445 -691
税前 -500 -770
純利 -746 -1,371
’19/1~'19/12 Q1 Q2 Q3 Q4 合算 前期末予想
売上 3,136 1,920 2,714 1,956 9,726 予想非開示
営利 1,061 -330 363 -710 384
税前 929 -637 850 -608 534
純利 1,018 -623 1,066 -29 1,432

・費用関連

'20/01~'20/12 Q1 Q2(※) Q3 Q4 通期
売上原価 -175 -129
研究開発費 -668 -1,022
販売費および一般管理費 -783 -878
その他収益/費用 19 13
-1,607 -2,045

※Q2から短信内で非現金支出をしている。表の数値は現金・非現金合算の支出。

 

’19/01~'19/12 Q1 Q2 Q3 Q4 通期
売上原価 -213 -180 -212 -246 -851
研究開発費 -1,024 -1,014 -1,114 -1,140 -4,292
販売費および一般管理費 -841 -1,069 -739 -965 -3,614
その他収益/費用 3 13 -286 -315 -585
-2,075 -2,250 -2,351 -2,666 -9,342

・収益関連

’20/01~'20/12 Q1 Q2 Q3 Q4 通期
マイルストン収入
および契約一時金
233
(ライセンス160/
開発・受託73)
520
(ライセンス416/
開発・受託104)
ロイヤリティ収入
(ライセンス)
619 600
医薬品販売
(製品供給収入)
- -
その他(開発・受託) 310 234
1,162 1,354
’19/01~'19/12 Q1 Q2 Q3 Q4 通期
マイルストン収入
および契約一時金
2,257
(ライセンス2,072/
開発・受託185)
916
(ライセンス916)
1,919
(ライセンス1,876/
開発・受託43)
921
(ライセンス877/
開発・受託44)
6,013
ロイヤリティ収入
(ライセンス)
576 625 517 688 2,406
医薬品販売
(製品供給収入)
65 70 68 73 276
その他(開発・受託) 238 309 210 274 1,031
3,136 1,920 2,714 1,956 9,726

・概要

2020 決算内容 IR マイル
Q1 売上:11.6億円
費用:16.0億円
営利:-4.4億円
(ロイ:6.1億円)
(受託:3.2億円)
(販売:0.6億円)
Q2 売上:13.5億円
費用:20.4億円
営利:-6.9億円
(ロイ:6.0億円)
(受託:???億円)
(販売:???円)
2020.6.25 Abbvie社 炎症性疾患新規提携
2020.6.29 エナジア(QVM149)日本承認
32百万米ドル(※)
1.25百万米ドル(計上はQ3)
Q3 2020.7.7 エナジア(QVM149)欧州承認 5百万米ドル
Q4

(※)契約一時金と初期マイルストンによる最大の額のため、全額が今期計上されるか不明

2019 決算内容 IR マイル
Q1 売上:31.3億円
費用:20.7億円
営利:10.6億円
(ロイ:5.7億円)
(受託:4.2億円)
(販売:0.6億円)
2019.1.7 AZ社 AZD4635Ⅱ相入りマイル 15百万米ドル
Q2 売上:19.2億円
費用:22.5億円
営利:△3.3億円
(ロイ:6.2億円)
(受託:3.0億円)
(販売:0.7億円)
2019.5.14 Pfizer社 開発候補物質創出マイル
2019.5.24 Novartis社 QVM149欧州申請
2019.6.10 Pfizer社 2件目の候補物質創出マイル
3百万米ドル
2.5百万米ドル
3百万米ドル
Q3 売上:27.1億円
費用:23.5億円
営利:3.6億円
(ロイ:5.1億円)
(受託:2.5億円)
(販売:0.6億円)
2019.7.16 ジェネンテック社 共同研究提携 一時金
2019.7.18 Formosa社 アクティバスAPP13007 IND承認
2019.8.5 武田薬品 新規戦略提携
26百万米ドル(※)
2.5百万米ドル
26百万米ドル(※)
Q4 売上:19.5億円
費用:26.6億円
営利:△7.1億円
(ロイ:6.8億円)
(受託:2.7億円)
(販売:0.7億円)
2019.10.9 ジェネンテック社 疾患標的特定マイル
2019.12.23 Pfizer社 臨床試験開始
2019.12.24 Pfizer社 3件目の候補物質創出マイル
3百万米ドル
5百万米ドル
3百万米ドル

 

主要IR

2020.01.14 お知らせ
Orexia社およびInexia社によるオレキシン受容体作動薬プログラムの著しい進捗により Medicxi社が次なる資金提供を実行

スピンオフ企業のOrexia社、Inexia社でオレキシン受容体研究が進展。
Medicxi(メディチ)社よりさらなる資金提供

2020.04.14 お知らせ
COVID-19に関する新たな研究開発プログラムに構造ベース創薬の専門知識を応用

新型コロナウィルス治療プログラムの発表
そーせいの独自技術を応用してプロテアーゼ阻害剤となる化合物を特定するプログラムを開始。

2020.05.01 適時開示
Enerzair Breezhaler(QVM149)がコントロール不良な喘息の治療剤として欧州連合の承認勧告を取得

2019年5月24日に欧州で承認申請していたぜん息薬QVM149が承認勧告を受ける
特に問題なければ1-2ヶ月後に販売承認

2020.05.07 お知らせ
当社スピンオフ企業のOrexia社およびInexia社との協業による オレキシン受容体作動薬プログラムにおけるさらなる科学的な進展について

スピンオフ企業のOrexia社、Inexia社でアゴニスト(作動薬)と結合したオレキシン受容体OX2の構造解析に成功

2020.06.05 適時開示
コントロール不良な喘息患者を対象としたEnerzair Breezhaler(QVM149)の第3b相臨床試験(ARGON試験)において主要評価項目を達成

ぜん息薬QVM149(エナジア)の第3b相試験(ARGON)が主要目標を達成
アドエア+スピリーバの合剤を上回る効果を示す。

2020.06.25 適時開示
そーせいグループとアッヴィ、炎症性疾患を標的とした新規創薬提携に関するお知らせ

世界的製薬企業Abbvie社と新規提携
炎症性疾患・自己免疫疾患を標的とし、新薬の創出を目指す。
契約一時金と初期マイルストン合計で最大32百万米ドル。目標の達成に応じて最大377百万ドルを受領する権利を有する。
アッヴィ側は最大4種までターゲットを拡大できるオプションを保有。総額1000百万米ドルを超える可能性。

2020.06.29 適時開示
本邦において世界初のLABA/LAMA/ICS配合喘息治療剤「エナジア」が製造販売承認を取得

ぜん息薬エナジア(QVM149)日本で製造販売承認を取得。1.25百万米ドルのマイルを受領見込み。

2020.06.30 適時開示
海外募集による新株式の発行及び2025年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債の発行に関するお知らせ

増資および社債(新株予約権付)の発行
増資は海外向けに495万株(発行済み株式数7700万の6.4%の希薄化。社債は160億円分の発行。概算額合計は236億円

2020.07.07 適時開示
欧州連合においてコントロール不十分な喘息の治療剤としてエナジア ブリーズヘラー承認取得

ぜん息薬エナジア(QVM149)欧州で製造販売承認を取得。5百万米ドルのマイルを受領見込み。

 

なぜそーせいがいいの!?理由は「note」で好評発売中!

-そーせいグループ, 業績

Copyright© shiroshiroのバイオ株投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.